FX

Tradeview(トレードビュー)の特徴や評判・口コミを調査

Tradeviewの評判・口コミ

Tradeview(トレードビュー)は、2004年に海外FX業者として設立され狭いスプレッドと、豊富な取引ツールで人気を集めています。 今回はTradeviewの評判について徹底的に解説していきます。

Tradeview(トレードビュー)の企業情報と基本情報

TradeViewの企業情報は以下の通りです。

運営会社 Tradeview Ltd
所在地 ケイマン諸島 103 S Church Street. Harbou Place, 4th floor, Cayman Islands
設立 2004年

TradeViewが海外FXのサービスを始めたのは2004年です。 金融ライセンスはCIMA:ケイマン諸島金融庁のライセンスを取得しています。 その運営歴の長さと世界トップレベルの信頼性を誇るケイマン諸島金融庁(CIMA)からの認可を受けています。このライセンスは信頼性も抜群です。

続いてはTradeViewで選べる口座タイプと特徴をみていきましょう。

Tradeview(トレードビュー)の取引条件

まずTradeviewには2つのタイプの口座があります。
「Xleverage」と「ILC」口座の2種類あり、それぞれのスペックは以下の通りです。

口座タイプ X leverage ILC口座
スプレッド 1.0pips~ 0.0pips~
取引手数料 無料 片道2.5ドル
最大レバレッジ 400倍 100倍
ロスカット 証拠金維持率100%以下 証拠金維持率100%以下
取引手数料 無料 片道2.5ドル
最大レバレッジ 400倍 100倍
最小取引単位 0.01ロット 0.1ロット
最大取引数量 無制限 無制限
スキャルピング
最低入金額 1万円 10万円
口座維持費用 無料 無料

Xleverage口座とILC口座の違いは「スプレッド」「取引手数料」「取引ツール」「最小取引数量」「最低入金額」と多くの違いがあります。
上記の特徴を踏まえた上で、ここからはTradeViewの取引条件をみていきましょう。

スプレッド

Tradeviewはスプレッドが狭いことが長所です。 「Xleverage口座」「ICL口座」共に、非常に狭く安定しているためスキャルピング・自動売買に最適です。特にICL口座では最小スプレッドが0.0〜と手数料を加味しても他の業者より狭く、安い手数料で取引できます。

レバレッジ

TradeviewのレバレッジはX leverage口座で400倍、ILC口座で100倍です。 国内の最大25倍のレバレッジと比べると高いですが、海外FXのGEMFOREXなど1000倍で取引できる口座と比べると低いと言えるでしょう。 レバレッジはそれほどいいとは言えません。

スワップポイント

Tradeviewのスワップポイントは、マイナススワップが多く長期的な取引には向いていません。スプレッドが狭い分、スワップポイントは広めに設定されているのでしょう。

スキャルピングやデイトレードしている分には問題ありませんが、長期保有する場合はスワップポイントで手数料負けしてしまわないように注意しましょう。

通貨ペア

続いては通貨ペアです。TradeViewの通貨ペアは36銘柄しかありません。為替以外にも、株式・ETFなども少しだけありますが、世界的に人気の海外FX業者であるXMやAXIORYなどと比較するとかなり少ないです。

Tradeviewは通貨ペアが少ない分、厳選された銘柄での取引だといえます。マイナーな通貨で取引したい方はTradeViewはおすすめではありません。

Tradeview(トレードビュー)の評判

上記の基本スペックを踏まえて、Tradeviewの評判を見ていきましょう。 まずは良い評判から見ていきます。

Tradeviewの良い評判

Tradeviewの良い評判をまとめると以下の通りです。

  • スプレッドが狭い
  • サポートが丁寧

それぞれ見ていきます。

スプレッドが狭い

Tradeviewで一番多く見られた評判がスプレッドの狭さへの良い評判でした。
Tradeviewのスプレッドは海外FXの中ではトップクラスに狭く、短期トレーダーには特におすすめの海外FX業者です。

サポートが丁寧

Tradeviewのサポートの丁寧さにも定評がありました。

海外FX業者の中にはサポートが英語のみで一切力を入れていない業者もあります。
その点Tradeviwのサポート体制であれば、万が一問題が起きた場合でも安心だと言えるでしょう。

Tradeviewの悪い評判

Tradeviewの悪い評判は以下の通りです。

  • 出金が遅い
  • ロスカット率が高い

それぞれ見ていきましょう。

出金が遅い

出金が遅いのはTradeviwに限らず海外FXの特徴です。
海外FXでは資金の管理をそれぞれの外国の銀行や管理手段によって管理することが多く、どうしてもかかってしまうもの。

出金が遅いのはユーザーとしては不安な点です。海外FXのデメリットだと言えるでしょう。

ロスカット率が高い

Tradeviewのロスカット率は、100%と海外FXの中でもかなり高めに設定されています。
資金管理を徹底し、自己資金をコントロールできなければ、Tradeviewで利益を出しにくいでしょう。

Tradeview(トレードビュー)をおすすめする人

ここまでの情報を踏まえてTradeviewがオススメな人とオススメでは無い人をご紹介します。 Tradeviewがオススメな人は以下の通りです。

  • なるべく安い手数料で取引したい人
  • 1日に何度も取引する人

TradeViewは、スプレッドが狭くスキャルピングなどの短期のトレードに適しています。 また4種類の取引ツールから選ぶことができ、本格的に取引したい機関投資家の方には特にオススメの業者です。

Tradeview(トレードビュー)をおすすめしない人

Tradeviewがあまりオススメでない人の特徴は以下の通りです。

  • ハイレバレッジとボーナスを使って取引したい人

Tradeviewはボーナスが一切ないので、ボーナスを使ってお得に取引したい方にはおすすめではありません。またレバレッジも400倍とそれほど高くありません。豪華なボーナスとレバレッジを海外FXに求める方は他の業者が適しているでしょう。

まとめ

今回は、Tradeviewの評判についてまとめていきました。 Tradeviewは信頼できるライセンスと、狭いスプレッドが売りの海外FX業者です。 一方で、ロスカット水準が高かったりボーナスが一切ないなどのデメリットもあります。 ボーナスなどない分スプレッドや取引ツールのスペックにこだわっているのでしょう。

短期トレーダーや手数料にこだわるトレーダーにはオススメですのでこの機会に口座を開設してみてはいかがでしょうか。

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
海外FX業者おすすめ比較ランキング