FX

海外FXの追証なし「ゼロカットシステム」について解説 | 仕組みやメリットも紹介

海外FXの追証なし「ゼロカットシステム」

「FXをはじめたいけど、借金を背負った人がいると聞いた…」

「資産は増やしたいけど、借金は絶対したくない」

「海外のFX業者は追証が発生しないと聞いたけど、本当かな?」

このような悩みをお持ちではありませんか?

FXを始めるにあたって、追証が発生して借金を背負う可能性があるというのは心配になりますよね?

海外のFX業者では追証が発生しない業者が多いです。

今回の記事では、海外FX業者における「ゼロカットシステム」について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、

  • 追証の仕組み
  • 追証が発生するとどうなるのか?
  • ゼロカットシステム(追証なし)について
  • ゼロカットシステムのメリット・デメリット
  • 海外FX業者の選び方

について理解することができ、安心してFX取引をスタートすることができるようになります。

追証とは?追証が発生するタイミングについて

そもそも追証とは何でしょうか?

追証とは、追加証拠金のことを指します。

FX取引をしていると、口座に入金している以上の損失が発生することがあるので、FX業者は強制ロスカットという仕組みを採用していることが多いです。

強制ロスカットとは、損失が一定以上に膨らんだ場合に、今保有しているポジションを強制的に決済し、損失を最低限に抑える仕組みのことをいいます。

強制ロスカットを避けるためには、FX業者が基準として設けている「証拠金維持率」以上の資金を口座に入れておく必要があります。

この追加入金のことを、追証(追加証拠金)といいます。

追証は、

  1. 口座残高がマイナスになった場合
  2. 証拠金維持率が低くなってしまった場合

のタイミングで発生します。

それぞれ具体的に見ていきましょう。

(1)口座残高がマイナスになった場合

1つ目のタイミングは、口座残高がマイナスになった場合です。

スイスフランショックなどのように相場が急変してしまった場合に、強制ロスカットシステムがうまく作動しないケースがあります。

相場が急変し損失が急激に膨れてしまった場合、口座残高がマイナスになるケースがあります。

このような場合は、マイナスになってしまった分を追加入金し決済をしないといけません。


(2)証拠金維持率が低くなってしまった場合

2つ目のタイミングは、証拠金維持率が低くなってしまった場合です。

FX業者によって水準は異なりますが、FX業者では証拠金維持率を設定されています。

証拠金維持率とは、保有するポジションに対して必要な証拠金の割合のことです。

例えば時価100万円のポジションを保有し、証拠金維持率が40%の場合は、40万円を口座に入金している必要があります。

保有しているポジションの時価が下落してしまい、証拠金維持率を下回ってしまうと、不足分を追加で入金しないと、強制ロスカットされてしまいます。

追証が発生するとどうなるのか?

追証が発生してしまうと、先ほど解説したとおり不足分を追加で入金しなくてはなりません。

レバレッジを上限にまで設定し、多くのポジションを保有している状態で相場が急変し損失が拡大してしまった場合は、多額の追証が発生する可能性があります。

ポジションが少ない場合であれば追証の金額は少なくてすみますが、レバレッジを高く設定していたりポジションを多く保有している場合は、最悪の場合借金を背負ってしまう可能性があります。

ロスカットとゼロカットシステムについて

国内のFX業者のほとんどでは、ロスカットシステムを採用しています。

一方海外のFX業者では、ゼロカットシステムを採用している業者があります。

ここでは、ロスカットシステムゼロカットシステムについて解説していきます。

(1)ロスカットとは

ロスカットシステムとは、保有しているポジションに損失が発生し、証拠金維持率を下回ってしまった場合、追加入金をしない限り強制的に決済され、ポジションを閉じられることを指します。

平時であれば、損失が膨らんだ際に強制ロスカットが発動することで、損失を最低限に抑えることができます。

相場が急激に変わり、多大の損失が発生してしまう場合は強制ロスカットが発動しない可能性もある点はデメリットです。

特に、レバレッジを高く設定していたり、ポジション額が多額な場合は追証が発生する可能性が高くなりますので注意するようにしましょう。

(2)ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムとは、損失が発生した場合に、FX業者が損失分を補填してくれるシステムです。

発生したマイナス分を業者が肩代わりしてくれるシステムです。

国内FX業者では金融取引法により顧客の損失を補填することを禁止しているためゼロカットシステムは採用されていませんが、海外のFX業者では、ゼロカットシステムを採用しているところもあります。

例えば、海外FX業者であるXMTradingでは、2015年に発生したスイスフランショックの際に、ゼロカットシステムを施行し、顧客に損失の補填を実行しました。

XMTradingゼロカットシステム

このように、多額な損失が発生してしまった場合に、ゼロカットシステムを採用している業者を利用していると安心ですね。

海外FXのゼロカットシステムは何が良いのか?

ここまでロスカットシステムとゼロカットシステムについて比較しましたが、海外FX業者のゼロカットシステムにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

  1. 入金以上の損失が発生しないので、安心感がある
  2. ハイレバレッジ取引を活用し、大きな利益を狙える

点です。

詳しく見ていきましょう。

(1)入金以上の損失が発生しないので、安心感がある

1つ目のメリットは、入金以上の損失が発生しない、ということです。

ゼロカットシステムにおいては、相場が急変し損失が大きくなったとしても、入金分以上の損失に対する追加入金は必要ありません。

例えば100万円を入金して取引をしていたけれども、ロスカットが間に合わず200万円の損失が発生してしまったとします。

ゼロカットシステムを採用していない業者の場合、100万円分の損失は追加入金をして補填をしなくてはなりません。

ゼロカットシステムを採用している業者を利用していれば、損失が補填されるので、入金した額以上のマイナスは発生しません。

このように、ゼロカットシステムを採用している業者を利用するのは安心感があります。

(2)ハイレバレッジ取引を活用し、大きな利益を狙える

2つ目のメリットは、ハイレバレッジ取引を活用し、大きな利益を狙えることです。

ゼロカットシステムでは、入金額以上の損失が発生しない、という安心感があります。

その仕組みを活用すれば、どれだけ高いレバレッジをかけてトレードをしても、入金額以上の損失は発生しません。

そのため、高くレバレッジをかけてもリスクが限定されているので、より大きな利益を積極的に狙っていくことができます。

このように、ゼロカットシステムを採用している業者を利用すれば、リスク・損失が限定されたまま高いリターンを狙っていくことができます。

ゼロカットシステムの注意点

ゼロカットシステムには安心感があるなど、メリットが大きいです。

一方で、ゼロカットシステムの利用においてもデメリット・注意点はあります。

  1. 業者が約束を破り、追証を発生させる可能性がある
  2. 口座凍結のリスク

それぞれ具体的に見ていきましょう。

(1)業者が約束を破り、追証を発生させる可能性がある

1つ目のデメリットは、業者が約束を破り、追証を発生させる可能性がある、という点です。

海外FX業者では、ゼロカットシステムを宣伝文句としている業者は多くあります。

しかし、ゼロカットシステムを標榜しながらも、相場が急変した後にゼロカットシステムの約束を破ってしまった業者もあります。

2015年のスイスフランショックの際に、FXDDはゼロカットシステムを公言していたにも関わらず、追証分の負担を求めました。

この対応に対して、投資家から非難が殺到し、一気に同社に対する信頼を落としてしまいました。

このように、ゼロカットシステムの約束を業者側が反故にする可能性もあるので、適切な業者選びが大切になります。

(2)口座凍結のリスク

2つ目のデメリットは、口座凍結のリスクです。

海外FX業者に限らず、業者間で両建て取引など、業者が禁止している行為をすると、口座を凍結されるリスクがあります。

両建て取引とは、大きく相場が動く際に、ある業者では買いの注文を、別の業者では同じ数量の売りポジションを取ることで、どちらに転んでも利益を出せるようにすることです。

こうした両建て取引は業者で禁止しているところが多いため、両建て取引が、得た利益をはく奪されます。

このように、口座凍結をされてしまう可能性があります。
もちろん規約を守っていれば凍結されることはありません。海外FX業者で取引をする場合は必ず規約・ルールに目を通しておきましょう。

ゼロカットシステムを採用する海外FX業者の選びのポイント

ゼロカットシステムを採用する海外FX業者選びのポイントを見ていきましょう。

海外FX業者を選ぶ際には、以下のポイントを考えるようにしましょう。

  1. 実際にゼロカットをしてくれるか
  2. 顧客資産の分別管理が徹底されているか
  3. 財務状況が盤石か

これまでの相場急変時に、実際にゼロカットを施行した実績があるかどうかは、海外FX業者を選ぶ上で最も大切です。

同様に、顧客の資産を分別管理が徹底されているかどうかも重視しましょう。

大半の業者は顧客資産の分別管理が徹底されていますが、中には徹底管理されていない業者があるかもしれません。

そのような業者を利用するのは、いざ資金を出金する際に反故にされるなどのリスクがありますので、注意してください。

また、その業者の財務状況が盤石かどうかも重要です。

ゼロカットシステムを施行すると、損失分をそのFX業者が補填することになります。

補填分に耐えられるほどの財務状況になっている業者を選ぶようにしましょう。

ゼロカットシステムを採用しているおすすめの海外FX3選

上記の選定基準を踏まえた上で、ゼロカットシステムを採用しているおすすめの海外FX業者を3つ紹介します。

  1. XM Trading
  2. GEM FOREX
  3. AXITORY

です。

それぞれ見ていきます。

(1)XM Trading

XM Tradingは2009年に設立されたFX業者です。

顧客資産の分別管理を徹底しており、資本金が日本円換算約400億円ありますので、財務状況も盤石です。

2015年のスイスフランショックの際にゼロカットが発動したのですが、約束を反故にせず顧客には一切追証を請求しませんでした。

このような観点から、XM Tradingは信頼性が非常に高いと言えます。

XMTRADINGの評判・口コミ
XMの評判・特徴とレビュー口コミを徹底調査してみた 海外FX業者といえば「XM Trading (XM) 」が有名です。 FX取引経験者であれば、一度は名前を聞いたことがあるでし...

(2)GEM FOREX

GEM FOREXは、2010年に設立されたFX業者です。

資本金は日本円換算で約110億円と財務状況は安定している業者で、顧客資産の分別管理も徹底されております。

また、相場急変時におけるゼロカットについても、システムが発動され損失分が補填されているという口コミもありますので、安心してトレードすることができます。

GEMFOREXの評判
GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判・口コミを調査|メリット・デメリットも合わせて解説 GEMFOREXのミラートレードや1,000倍以上のレバレッジに魅力を感じるものの、信頼性が心配という不安を感じていませんか?事...

(3)AXITORY

AXITORYは2013年に設立されたFX業者です。

資本金は公開されていませんが、顧客資産が徹底分離されているため、顧客への資産保護に対するシステムを用意しています。

2015年のスイスフランショック時においても、速やかに顧客資産の保護に動いた実績があり、顧客への追証を請求しませんでした。

https://www.axiory.com/jp/news/2021-08-24

そのため、AXITORYもゼロカットシステムを活用した安心感の高いトレードをすることが可能です。

AXIORYの評判・口コミ
AXIORY(アキシオリー)の評判・口コミを調査|メリット・デメリットも合わせて解説 「AXIORYを利用してみたいけど、安全性・信頼性は大丈夫?」という不安を持っている方は少なくありません。AXIORYにはさまざ...

まとめ

今回の記事では、ロスカットシステムとゼロカットシステムの違いについて紹介しました。

ゼロカットシステムが採用されている業者を使うメリットは、

  • 入金以上の損失は発生しない
  • そのため、高いレバレッジをかけても安心感のあるトレードができる

という点にあります。

ただし、過去にゼロカットシステムの約束を反故にしてしまった業者もありますので、

  • 過去に約束を反故にした実績がないか
  • 顧客資産の分別管理が徹底されているか
  • 財務状況が安定しているか

の観点で業者選びをすることが大切です。

この記事を参考に、安心してFXトレードをスタートしてみませんか?

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
海外FX業者おすすめ比較ランキング