FX

IronFX(アイアンエフエックス)の登録・口座開設方法を解説 | よくある質問も紹介

IronFXの登録・口座開設方法

IronFX(アイアンエフエックス)は、2006に設立された海外FX業者です。
この記事では、IronFXの口座開設手順についてみていきます。

今回の記事を読めば

  • IronFXの口座開設方法
  • IronFXの口座開設の注意点
  • IronFXの口座に関するよくある質問

を理解することができます。

IronFX(アイアンエフエックス)の特徴

口座開設手順を説明する前に簡単にIronFXの特徴を見ていきましょう。

IronFXの特徴
  • レバレッジ最大1,000倍
  • 通貨ペアは最大84銘柄
  • スワップポイントが高い
  • 充実した日本語対応

IronFXは高いレバレッジと高いスワップポイントが特徴です。

最大レバレッジやスプレッドの広さは海外FX業者としては一般的です。
ただ、取扱銘柄も豊富ですしキャンペーンも充実しています。日本語サポートの質も高いので、日本人トレーダーを重視した運営をしていることが伺えます。

IronFXの評判・口コミ
IronFX(アイアンFX)の評判・口コミを調査|メリット・デメリットも合わせて解説 IronFX(アイアンFX)は、2010年に設立した海外FX業者です。 日本では過去に出金に関するトラブルがあり信用を毀損...

IronFX(アイアンエフエックス)の口座開設方法

それではここからはIronFXの口座開設方法を見ていきましょう。
これから紹介する内容は、個人でリアル口座(実際取引を行う口座)を開設する方法になります。

(1)公式HPを開く

IRONFX口座開設
IronFXの公式Webページへアクセスすると右上に、「口座開設」というボタンが表示されます。そちらをクリックして口座開設を始めましょう。

(2)基本情報の入力

基本情報

まずは基本情報を入力します。
入力項目は以下の通りです。

  • 姓名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • ボーナスカテゴリー
  • 通過ベース
  • レバレッジ
  • 口座タイプ
  • パスワード
  • パスワード確認

全ての項目、ローマ字で入力する必要がありますのでご注意ください。
最後に3つの項目を読み、内容に同意した上で「口座を開設」ボタンを押しましょう。
上記内容を入力しましたら、IronFXの口座開設の審査は開始されます。

(3)口座タイプ選択

IronFXには6つの口座があります。
大きく分けると「ライブ口座」と「STP/ECN口座」にわかれ、ライブ口座はさらに3つ、STP/ECN口座は3つにわかれます。
口座タイプは以下の通りです。

  • ライブ変動口座
  • ライブ固定口座
  • ライブゼロスプレッド口座
  • STP/ECNノーコミッション口座
  • STP/ECNゼロスプレッド口座
  • STP/ECNアブソルトゼロ口座

それぞれ簡単に特徴を説明していきます。

①ライブ変動口座

ライブ変動口座は、通貨ペアが最も多く少額取引にも適した口座です。
最大レバレッジ1000倍でまで取引することができ、ボーナスキャンペーンの対象でもあります。

初回入金額は、100ドル、2500ドル、20000ドルから選ぶことができます。
紹介入金額を上げることで、スプレッドが優遇されます。

②ライブ固定口座

ライブ変動口座と固定口座の違いはスプレッドが変動するか固定されているかの違いです。
基本的なスペックは、変動口座と変わりません。
スプレッドは固定ですが、初回入金額によってスプレッド額が違いますのでご注意ください。
入金額とスプレッドの対応は以下の通りです。

マイクロ プレミアム VIP
初回入金額 100ドル 2,500ドル 20,000ドル
最小取引単位 0.01Lot 0.1Lot 0.1Lot
スプレッド 広い 普通 狭い

③ライブゼロスプレッド口座の特徴

ライブスプレッド口座は最もスプレッドが狭い口座です。

ただし、取引手数料は他の海外FX業者と比べるとかなり高めに設定されています。
通貨ペアによっては1ロット片道20ドル以上も発生します。

また、最大レバレッジも500倍に制限されキャンペーンは対象外な点を考えても、あまりおすすめの口座ではありません。

④STP/ECNノーコミッション口座の特徴

STP/ECNノーコミッション口座は、TP方式・ECN方式が自動で切り替わる口座です。

取引手数料は無料ですが、スプレッドが広くキャンペーンも対象外です。最大レバレッジも500倍までで、初めての口座にはおすすめではありません。

⑤STP/ECNゼロスプレッド口座の特徴

STP/ECNゼロスプレッド口座は、スプレッドが狭い代わりに、取引手数料が1ロット片道6.75ドル発生します。
こちらも最大レバレッジは500倍ですが、キャンペーンは対象外です。片道の手数料がかなり高めに設定されています。

⑥STP/ECNアブソルトゼロ口座の特徴

STP/ECNアブソルトゼロ口座はスペックが高く、ボーナス目当てではない方におすすめの口座です。

スプレッドは狭い上に取引手数料も無料です。頻繁に取引する方はこの口座での取引が有利でしょう。

ただし、初回入金額が5万円以上必要というデメリットがあります。
最大レバレッジは500倍ですが、キャンペーンは対象外なので、IronFXで初めて取引する際にはおすすめではありません。

(4)必要書類のアップロード

続いて必要書類のアップロードをしていきます。
IronFXでは。入金までに本人確認書類を提出しなければいけません。
さらに、出金までには住所証明書類も必要ですので早めに行っておきましょう。

①身分証明書の提出

身分証明
まずは身分証明書を提出します。
身分証明証で有効なものは以下の通りです。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

②現住所証明書類の提出

続いては住所証明書類の提出です。

  • 公共料金の請求書・領収書
  • カードや銀行の請求書・利用明細
  • 携帯電話の請求書・領収書
  • 住民票
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード

マイナンバーと運転免許証は、有効期限内のものである必要があります。
それ以外のものは、発行から6ヶ月以内でないと認証されないのでお気をつけください。

(5)個人プロフィールの入力

書類提出が完了しましたら個人の情報を入力していきます。

個人情報入力

入力項目は口座開設時に入力した内容が自動で入力されています。プロフィールの際に埋めていない項目を入力して次に進みましょう。

①納税情報の入力

続いて納税情報を入力していきます。
納税情報
入力する項目は以下の通りです。

  • TIN
  • Country of tax residence
  • options

TINは納税者番号を意味します。日本でやる方は不要です。続いては納税する国の選択です。
日本を選択しましょう。最後のoptionは、国が納税者番号を発行していないという意味の一番上のものを選択します。

②住所情報の入力

続いては住所の情報を入力します。

住所情報

入力項目は以下の通りです。

  • 住所
  • 市町村
  • 居住国(自動)
  • 電話

ローマ字で住所を入力してきます。これより前に入力した電話番号と国については入力されています。

③雇用状況

完了しましたら、雇用状況について入力しましょう。
ここで聞かれる項目は以下の通りです。

  • 雇用状況
  • ビジネスの分野
  • 資金源
  • 推定年収
  • 推定純資産

上記の入力が終わりましたら、更新ボタンを押します。
こちらまで完了しましたら、審査の結果を待ちます。審査に無事通過しましたら、口座に入金を行って取引開始です。

IronFX(アイアンエフエックス)の口座開設に関するよくある質問

ここまで、口座開設の手順と本人確認の手順を見ていきました。
最後に、IronFXの口座開設に関するよくある質問を見ていきましょう。

(1)複数の口座を開設できますか?

複数口座開設できます。最初の口座で書類提出して本人確認が完了しているのであれば、2つ目以降の口座開設時には書類提出は不要です。

(2)口座開設ボーナスはありますか?

あります。機関によって口座開設ボーナス、入金ボーナスを開催していますので、都度HPを確認するのがおすすめです。

(3)口座開設する際にかかる時間はどのくらいですか?

1分程度で完了します。口座を開設した後に口座タイプの選択をする形式ですので、口座開設は非常に手軽にできます。
本人確認も1日程度で審査がおります。

(4)入金方法は何がありますか?

IronFXの入金方法は以下の7種類があります。

  • クレジットカード(VISA・Master)
  • 海外送金
  • 仮想通貨
  • 銀行振込
  • bitwallet
  • ユニオンペイ
  • STICPAY

ご自身が希望したい入金手段を選択しましょう。

まとめ

今回はIronFXの口座開設の流れから、本人確認、よくある質問まで見ていきました。

IronFXは、高いレバレッジとスワップポイントの高さに定評があります。海外FXで取引してみたい方はIronFXで口座を開設してみてはいかがでしょうか?

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
海外FX業者おすすめ比較ランキング