FX

iFOREX(アイフォレックス)の評判・口コミを調査|メリット・デメリットも合わせて解説

iFOREXの評判・口コミ

レバレッジの自由度が高いことで有名なiFOREX。運営歴が長く、名前を聞いたことがあるという方も少なくないでしょう。一方で、MT4が使えないといったデメリットを持っている業者でもあり「独自ツールの評判・口コミが知りたい!」という方は多いです。

この記事ではそんな疑問に答えるため、iFOREXの信頼性はもちろん、iFOREXのメリット・デメリット・利用者のリアルな声などについて解説しています。

iFOREX(アイフォレックス)の概要・特徴

iFOREXは、1996年から運営されている海外FX業者で、20年以上の運営歴を持つ老舗の海外FX業者です。日本でも積極的に事業を展開している海外FX業者の1つなので、日本での知名度は高いです。

また、レバレッジの自由度や、ロスカット水準の低さを強みとしており、レバレッジを利用したハイリスク・ハイリターンな取引環境を提供しています。海外FXの醍醐味を味わえる業者であると言えるでしょう。一方で、出金の面倒さや禁止行為の多さなど、いくつかのデメリットも見られるため、注意が必要です。

iFOREXの信頼性を5つのポイントからチェック

iFOREXの信頼性は概ね高いと言え、運営歴の長さなどを見ても、十分に信頼できる海外FX業者です。信頼性をチェックする際にチェックしたいポイントを5つ解説し、iFOREXが信頼できる根拠をご紹介していきます。

(1)iFOREX(アイフォレックス)の運営会社と実態

iFOREXは「Formula Investment House Ltd」という会社によって運営されており、住所は「15, Nikis st., Syntagma Square, 10557 Athens, Greece」です。ただし、住所に運営を裏付けるような実態は見られませんでした。

大手の海外FX業者になると、スポンサー活動を行っているケースも少なくありませんが、iFOREXにはそのような経歴が見られません。ただし、長年日本で海外FX業者として活動している歴史があり、グループ会社が世界各国でライセンスを保有しているため、運営実態は十分にあると言えます。

(2)iFOREX(アイフォレックス)のライセンス

iFOREXのライセンスは、英領バージン諸島の「BVI FSC」というものです。単刀直入に申し上げると、ライセンス自体の信頼性は低いです。登録の実態は確認できたものの、これだけで、iFOREXの信頼性が高いとは言えません。

一方で、iFOREXのグループ会社である「Formula Investment House B.O.S. Ltd.」は、キプロスの「CySEC」というライセンスをもっています。現在は「Vestle」という名称に変更されていますが、以前までは「iFOREX」という名称で登録していたことが確認できます。

キプロスのCySECは規制が緩いライセンスの1つでしたが、現在では厳しくなったことで有名です。日本人向けに運営されているWEBサイトの法人とは異なるものの、グループ会社は規制の厳しいライセンスを取得できており、信頼性はある程度担保されていると言えるでしょう。

(3)iFOREX(アイフォレックス)の資金管理方法

iFOREXの資金管理方法は分別管理となっており、「Mizrahi Tefahot Bank Limited」というイギリスの銀行と取引があります(送金先が上記の銀行に指定)。ただし、その他具体的な資金管理に関する方針は明らかにされていません。

このことから、iFOREXが仮にサービスが終了した場合・倒産した場合に、顧客の資金がどうなるのか?という点については、不明瞭な部分が多い状態になっています。最近の海外FX業者は、信頼性をアピールするために各機関に登録したり、顧客の損害に対する保険を掛けているケースがあることを考慮すると、相対的に信頼性は低いと言える状態です。

(4)iFOREX(アイフォレックス)と損失補填

iFOREXの損失補填に関する具体的なアナウンス・方針は見られず、利用者と業者間で紛争が発生した際の解決機関などへの登録は確認できませんでした。ただし、iFOREXは運営歴が長いということもあって、過去に「iFOREXの過失による損失を補填してもらった」という事例は、いくつか確認できます。

どの事例も共通しているのは「iFOREXに連絡した」「iFOREXに抗議した」というものです。このことから、iFOREXの過失による損失が発生した場合には、問い合わせることで何らかの対応を行ってもらえる可能性があります。

(5)iFOREX(アイフォレックス)のサポート体制

iFOREXは日本語サポート対応で、電話・メール・チャットといった3つの方法で、問い合わせることが可能になっており、メールに関しては24時間受け付けています。(タイミングによって返信時間は異なる)

サポートの営業時間
  • 電話 14時~21時
  • メール 24時間
  • チャット 14時~21時

問い合わせ方法が豊富で、日本語サポートにも対応していることを考慮すると、iFOREXのサポート体制で不満を感じることはないでしょう。

iFOREX(アイフォレックス)のメリット・デメリット

次に、iFOREXのメリット・デメリットについて解説していきます。iFOREXの強み・弱みを把握して、iFOREXの特徴を掴んでいきましょう。

(1)メリット

iFOREXのメリットについて「レバレッジが口座残高制限なし」「ロスカット水準最低レベル」「通貨ペア・銘柄ともに豊富」という3点から解説します。

①レバレッジ400倍で口座残高制限なし

iFOREXのレバレッジは400倍で、一般的な海外FX業者とスペックと同等レベルです。しかし、口座残高による制限がないため、どれだけ大きな金額が入っていたとしても、レバレッジを掛けた取引ができます。

数百倍〜数千倍といったレバレッジを導入している海外FX業者では、口座残高によってレバレッジの制限を行っていることが一般的なため、iFOREXの大きなメリットに上がられるでしょう。

②ロスカット水準最低レベル

FXでは損失が、証拠金に対して限界まで広がると、強制的にポジションを清算されるロスカットという措置が取られます。ロスカットの水準・基準は各海外FX業者によって異なっていますが、iFOREXでは「証拠金維持率0%」までの損失に耐えられるになっています。つまり、限界までハイリスクな取引が可能になっており、海外FX特有の高レバレッジを限界まで利用できるようになっています。

③通貨ペア・銘柄ともに豊富

iFOREXは通貨ペア89種類、CFD銘柄を含めると750を超える銘柄を取引できます。取引可能な銘柄には、以下のような商品が挙げられ、一般的にCFD取引で原資産として利用される商品は揃っているでしょう。

  • エネルギー・貴金属を含む商品
  • 株価などの指数
  • 株式
  • ETF
  • 仮想通貨

ただし「株式最大40倍まで」「指数最大200倍まで」「商品最大400倍まで」といったように、商品・銘柄によって利用できるレバレッジの上限は異なるので、注意が必要です。

(2)デメリット

iFOREXのデメリットについて「禁止行為が多い」「MT4などメジャーなツールが使用不可」「出金に出金依頼書が必要」という3点から解説します。

①禁止行為が多い

iFOREXは、禁止行為が一般的な海外FX業者よりも多いです。禁止行為には「スキャルピング」「裁定取引」「自動売買」といったものが挙げられ、特にスキャルピング・自動売買に関しては、他の業者で禁止されていないことも多いため注意が必要です。レバレッジに関する制限は自由なものの、取引方法に関しては不自由なポイントが多いと言えます。

②MT4などメジャーなツールが使用不可

iFOREXでは、MT4・MT5が利用できません。iFOREXで利用できるのは、iFOREXが提供している独自ツールのみです。MT4・MT5を利用したいというニーズは少なくないため、大きなデメリットに挙げられます。

iFOREXの独自ツールは、Windows・Mac・Android・iOSに対応しており、基本的にどのデバイスでも利用可能になっているものの、慣れたツールを利用できないという点に、不満を感じる方は少なくないでしょう。

③出金に出金依頼書が必要

iFOREXの出金には出金依頼書と言われるものが必要です。具体的な手順としては、出金依頼書をプリントアウトして書類に署名し、スキャン(画像データNG・スキャンのみ)して、iFOREXに送付します。自宅にプリンターが無い方は、コンビニなどのプリンターを利用する必要があります。

これだけでも手間の掛かる作業ですが、この一連の作業をiFOREXでは「出金ごと」に行う必要があります。つまり、本人確認書類などとは異なり、2回目以降の出金でも出金依頼書が必要です。このような出金の面倒さというのは、iFOREXのデメリットの1つです。

iFOREX(アイフォレックス)の評判・口コミ

次に、iFOREXのリアルな評判・口コミをSNSからご紹介していきます。実際の利用者でないと分からない部分をチェックしていきましょう。

(1)iFOREXのスプレッドに関する評判・口コミ

iFOREXのスプレッドは最小0.7pipsとなっており、一般的な海外FX業者のベーシックな口座と比較すると、スプレッドは狭くなっていると言えるでしょう(iFOREXは口座タイプが1つしかない)。評判・口コミでも、iFOREXのスプレッドに関してはポジティブなものが多くみられました。

(2)iFOREX(アイフォレックス)の約定力に関する評判・口コミ

iFOREXの約定力に関しては、悪い評判・口コミが多々見られました。海外FXでは約定に関するトラブルが付き物なので一定数悪い評判・口コミが見られるものですが、その点を考慮しても、約定力に関する評判・口コミが悪い印象は否めません。ただし、iFOREXから補填された事例もあるので、問い合わせてみると損失補填を行ってもらえる可能性があります。

(3)iFOREX(アイフォレックス)のサポートに関する評判・口コミ

iFOREXのサポートに関しては、概ね良い評判・口コミが多く見られました。手厚い・丁寧といった口コミが多かったので、iFOREXのサポート体制は整っていると見て良いでしょう。分からないこと・相談があれば積極的にサポートを利用するのがおすすめです。

(4)iFOREX(アイフォレックス)の独自ツールに関する評判・口コミ

iFOREXは独自ツールを用いた取引しかできません。iFOREXの独自ツールの評判・口コミは概ねポジティブなものが多く見れました。しかし、中上級者と見られる方から「不便・機能が少ない」といった口コミも見られたため、MT4~MT5といったカスタマイズ性の高いツールを利用していた方だと、ストレスを感じるケースが多いようです。

(5)iFOREX(アイフォレックス)のボーナスに関する評判・口コミ

iFOREXはボーナスの配布を実施してる海外FX業者の1つで、記事執筆時点では「スペシャルボーナス」というボーナスを入手できます。スペシャルボーナスの対象は初回入金となっており、入金に対して「1,000ドルまでは100%」「1,000ドル以降では25%」のボーナスを受け取ることができます。

(6)iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジに関する評判・口コミ

iFOREXのレバレッジは自由度が高いこともあり、ポジティブな評判・口コミが複数見られました。また、CFDにレバレッジを掛けた状態で取引できる点に言及した口コミ多く、銘柄豊富であるiFOREX特有のメリットを特筆しているものが多く見られました。

まとめ

iFOREXはレバレッジに関する自由度が高く、海外FX特有のハイリスク・ハイリターンな取引をできる反面、禁止行為が多い・出金の手順が多いといったデメリットもあります。デメリットを把握した上で「レバレッジを限界まで効かせて取引をしたい!」といった方におすすめです。

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
海外FX業者おすすめ比較ランキング