FX

海外FXは高いレバレッジが魅力 | メリット・デメリットや活用方法を解説

海外FXは高いレバレッジが魅力

海外FX業者に興味があって「数百倍〜数千倍といったレバレッジを利用してみたいけど、不安・・・」という方は少なくないはずです。しかし、大きなメリットもあり、資金管理などを行うことでリスクもある程度はコントロールすることが可能です。

この記事では、そんな海外FX業者のレバレッジの比較表やメリット・デメリット、ハイレバの活用方法などについて解説しています。

海外FX業者のレバレッジを比較

主要な海外FX業者のレバレッジを比較していきます。後に詳しく解説しますが、口座タイプや残高などによって、レバレッジ上限は異なるケースもあるので、詳細は各海外FX業者にてご確認ください。

海外FX業者名 最大レバレッジ
FBS 3,000倍
GEMFOREX 1,000倍(一部5,000倍口座あり)
FXGT 1,000倍
HotForex 1,000倍
XM 888倍
Titan FX 500倍
Axiory 400倍
iForex 400倍

概ね、数百倍のレバレッジ上限を設定している海外FX業者が多く、FBSやGEMFOREX、FXGTなどの一部の業者では1,000倍のレバレッジを導入している業者も居ます。どの業者も国内FX業者とは比較できないほどのハイレバ取引が可能なのが分かります。

同じ業者でもレバレッジ上限が変化するケースも

海外FX業者はハイレバで取引できるのが魅力ですが、一部でレバレッジが制限されるケースがあります。「ハイレバで取引したかったのに、実は自分の用途では制限が掛かっていた・・・」というケースも少なくないので、しっかりと把握しておきましょう。

(1)口座タイプによって変化するケース

海外FX業者では複数の口座タイプが用意されており、口座タイプによってレバレッジ上限は異なっています。特に「ECN口座」「低スプレッド口座」といった上級者向けの口座でレバレッジが制限されているケースは少なくありません。

基本的に初心者〜中級者向け口座では、各海外FX業者がアピールポイントにしているレバレッジを利用できるケースが多いですが、低スプレッドやECNなど、高スペックな口座タイプを利用予定の方は、予めチェックしておきましょう。

(2)口座残高によって変化するケース

ほとんどの海外FX業者が「口座残高」によって、レバレッジの上限を変えています。細かな詳細は海外FX業者によって異なっていますが、数千倍といったハイレバをアピールポイントにしている海外FX業者では「残高が数万円までの口座が数千倍レバレッジの対象」といったケースが多いです。

また、数百倍といったレバレッジを提供している海外FX業者であっても、数百万円〜数千万円といった規模感の口座残高になると、100~200倍に制限されるケースが大半になっています。こちらも大きな金額を取引する上級者にとって注意点になりやすいです。

(3)原資産などによって変化するケース

海外FXではFXのみならず、株式・貴金属・仮想通貨といった原資産を利用したCFD取引ができる業者が多いです。しかし、原資産によってレバレッジ上限が異なっており、FXのようにハイレバ取引ができないというケースも非常に多くなっています。

特にボラティリティの高い仮想通貨などでは、数倍〜数十倍のレバレッジ上限が設定されていることが少なくありません。FXのみを取引予定なら問題ありませんが、他のCFD取引も予定されている方は、取引予定の原資産で利用できるレバレッジをチェックしておいた方が良いでしょう。

海外FX特有のレバレッジのメリット・デメリット

海外FX業者が提供しているようなハイレバレッジのメリット・デメリットを解説していきます。強み・弱みやリスクについて把握していきましょう。

(1)海外FXのレバレッジのメリット

海外FX業者が提供しているレバレッジのメリットについて「少額でもスタート可能」「大きな利益を期待できる」「さまざまな銘柄を取引可能」「追証がない」という4点からご紹介していきます。

①少額でもスタート可能

海外FX業者が提供しているようなハイレバを利用すれば、少額でも大きな取引が可能です。例えば、著名な海外FX業者であるXMの「888倍」のレバレッジを利用すれば、証拠金が1万円であっても数百万円のポジションが持てます。このことから、少額からでもスタートが可能となっており、まだ資金が少ない初心者の方にとっては大きなメリットであると言えるでしょう。

②大きな利益を期待できる

海外FX業者のハイレバを利用すれば、より大きな収益を期待できます。例えば、レバレッジなしのFX取引で1万円の利益を出せていたと仮定しましょう。もしも、レバレッジを100倍掛けていたら、単純計算で100万円の利益が出ていたことになります。

極端な例ではありますが、実際に海外FX業者が提供している豊富なボーナスを利用して、口座残高を数十万円から数百万円にしたという事例は、SNSなどでもいくつか確認できます。夢があるような大きな収益を期待できるというのは、海外FX業者の大きなメリットでしょう。

③さまざまな銘柄を取引可能

海外FX業者は、原資産・銘柄ともに非常にバリエーションが豊富なのが特徴です。FXでは、数十種類の通貨ペアが用意されていることが多く、他のCFDの銘柄も同様です。

また、海外FX業者のメリットとして「FX以外の原資産・銘柄であっても高めのレバレッジで取引ができる」という点は無視できません。例えば、国内FX業者・仮想通貨取引所が提供している仮想通貨のCFD取引は2倍に制限されています。仮想通貨はボラティリティが高いことから、国内の業者は厳しいレバレッジ規制に則って、サービスを提供しています。

一方で、海外FX業者であるTitan FXの仮想通貨CFD取引では、同じくボラティリティが高い仮想通貨を原資産としながら「20倍」のレバレッジで取引が可能です。さまざまな原資産・銘柄を「高めのレバレッジで取引可能」というのを大きなメリットに挙げられるでしょう。

④追証がない

追証とは「追加保証金」のことで、維持率が著しく低下した場合に新たに証拠金を入金しないといけない状況のことです。すでに国内FX業者におけるFX取引の経験がある方なら「ハイレバによる追証が心配」と感じるかもしれません。

しかし、海外FX業者では基本的に「ゼロカットシステム」を導入しており、仮に口座残高がマイナスになったとしても、追加で入金する必要がありません。つまり「FXの損失で借金を負った・・・」といった状況にはならないような環境になっており、最低限の安全を保った状態で、ハイレバ取引が可能です。

ハイレバで高いリスクを取りながら、最悪のケースでもマイナスにはならないというベストな環境であると言え、「追証が無い」というのは海外FX業者のメリットとして挙げられることが多いです。

(2)海外FXレバレッジのデメリット

海外FX業者のレバッジに関するデメリットについて「ハイレバ=ハイリスク」「利用の仕方によってレバレッジ上限が変化し分かりにくい」という点から解説していきます。

①ハイレバはハイリスク

前述の通り、海外FX業者には追証がありません。このことから、口座残高以上に損失が発生し、その分を補填するといったことをする必要がありません。このように最低限のリスクを押さえているものの、「ハイレバ=ハイリスク」であるという点は否定できません。

基本的にレバレッジというのは、利益にも・損失にも倍率を掛けるものになります。このことから、数百倍といったハイレバでの取引は、短時間であっても損失が大きくなることがあり、ロスカットの危険性も高くなります。資金管理などを徹底することである程度避けられるリスクではあるので、ハイレバでの取引は工夫が必要であると言えます。

②利用の仕方によってレバレッジ上限が変化し分かりにくい

海外FX業者は、口座タイプ・残高・原資産などによって利用できるレバレッジ上限が変化し、業者の中にはレバレッジの条件がかなり複雑になっていることがあります。豊富な選択肢があるという海外FX業者のメリットから発生するデメリットであると言えます。特に、国内FX業者を利用していた方にとっては、慣れが必要な部分です。

おすすめの海外FXのレバレッジ活用方法

これから「実際のところ、海外FX業者のハイレバってどんなところで使うのか?」という部分について解説していきます。海外FX業者のハイレバを使いこなしていきましょう。

(1)ボーナスを活かしてリスクを抑えたハイレバ体験

「まだ、海外FX業者に慣れていない」「ハイレバでの取引経験がない」といった方におすすめなのが、ボーナスを活かしてできるだけ少額から、ハイレバを体験してみることです。

海外FX業者はボーナスが豊富な業者が多く、入金ボーナスなどはもちろん、中には「口座開設だけでボーナスが貰える」と言ったケースがあります。海外FX業者特有のボーナスとハイレバを活かすことで、少額からでも大きなポジションを持つことが可能です。

(2)レバレッジの高さを活かした自動売買

次におすすめなのが、レバレッジの高さを活かして「自動売買」を行う方法です。一部の海外FX業者では、自動売買ツールを利用した取引が可能なケースがあります。

また、海外FX業者は、国内FX業者と比較するとツールのバリエーションが豊富で、自動売買ツールの選択肢も広いことが多いです。このような業者で、ハイレバのスキャルピングなどを行うと、非常に相性が良いでしょう。

海外FXでレバレッジ取引をする場合の業者選びのポイント

海外FX業者でレバレッジ取引する際に「どのような業者を選べば良いか?」という点について「レバレッジの詳細な条件を把握」「全体的なスペック・取引条件を確認」「信頼性をチェックしておく」といった3点から解説していきます。

(1)レバレッジの詳細な条件を把握

海外FX業者を利用する際に、ハイレバの利用を目的としている場合は「ハイレバが本当に利用できるか?」を予め確認しておきましょう。前述した「口座タイプ・残高・原資産」のどこかで、レバレッジが制限されていると、ハイレバで取引できない可能性があります。

特に、以下のようなケースで、レバレッジの上限が変更されることが多いです。該当する方は、予めチェックしておいた方が良いでしょう。

  • 上級者向けの口座を使う
  • 数百万円といった入金を行う
  • 数千倍〜といったハイレバを利用する
(残高が数万円程度に制限されることが多いため)
  • ボラティリティの高い原資産を取引する

(2)全体的なスペック・取引条件を確認

海外FX業者といっても、スペックや取引条件は大きく異なるため、予めチェックしておきましょう。中には、取引環境のスペックが低すぎて、大きなスリッページが多発する業者や、スプレッドが安定しない業者なども確認できます。

また、以下のような用途・取引に関しては、一部の海外FX業者では禁止していることがあり、注意が必要です。該当する方は、利用予定の海外FX業者の禁止事項などを確認しておきましょう。

  • スキャルピング
(特にハイレバで大きなロットを取引するときは注意)
  • 両建て
  • 自動売買

(3)信頼性をチェックしておく

海外FX業者が「数千倍といったハイレバ」「豊富なボーナス」を提供できるのは「金融ライセンス関係の信頼性が低い」側面が影響しています。先進国が提供しているような金融ライセンスでは、海外FX業者が提供しているサービスが規制されていることが少なくないのです。

このような背景から、海外FX業者の金融ライセンスは信頼性が低い・もしくはそもそも金融ライセンスを保有していないといったケースが多いです。また、金融ライセンスを保有していないことから、規制当局による監視の目が行き届いておらず、出金拒否などの詐欺的な被害に遭うこともあります。

そのため、海外FX業者の利用に伴っては、信頼性を「利用者がチェック」しておく必要があります。信頼性は以下のようなポイントを確認することで、チェック可能です。(最低でも1つは該当している方が望ましい)

  • グループ会社が信頼性の高いライセンスを保有している
  • ネット上・口コミなどで悪い評判が見られない
  • 保険・紛争解決機関などへの加入を行っている
  • 資金管理方法が明確で積極的に情報が開示されている

まとめ

この記事では、海外FX業者のレバレッジについて解説しました。海外FX業者のハイレバは、国内FX業者では考えられないような倍率となっているため、二の足を踏んでいる方も少なくないでしょう。しかし、メリットも非常に大きいので、一度ボーナスなどを利用して体験してみるのがおすすめです。

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
海外FX業者おすすめ比較ランキング