FTX

FTXは最大レバレッジ101倍対応で追証なし|独自トークンも

FTXは最大レバレッジ101倍対応で追証なし

せっかく海外仮想通貨取引所を利用するなら、高いレバレッジを掛けてトレードしたい方は多いでしょう。
FTXでは最大101倍のレバレッジ取引ができるので、少額の投資で大きく稼げる可能性があります。

さらにFTXでは、ポジションにレバレッジ を組み合わせたトークンでの取引も可能です。

FTXには追証がなく、レバレッジトークンの利用時にはロスカットもありません。
本記事では、FTXでのレバレッジ取引やレバレッジトークンについて見ていきましょう。

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

FTXでは最大レバレッジ101倍

FTXでは最大101倍のレバレッジで、ハイリスク・ハイリターンを楽しめます。
日本国内の仮想通貨取引所は4倍のレバレッジで固定されているので、FTXのレバレッジ率は魅力的ではないでしょうか?

ここでは、FTXで選べる7種のレバレッジ率をご紹介します。
合わせて、レバレッジ取引で知っておきたい6点も確認しましょう。

(1)最大101倍のレバレッジ

FTXでは以下の7種から、レバレッジ倍率を選択できます。

選択できる7種のレバレッジ倍率
  • 3倍
  • 5倍
  • 10倍
  • 20倍
  • 50倍
  • 100倍
  • 101倍

(2)証拠金率

FTXのレバレッジ取引での証拠金率には、オートクローズ証拠金率とポジション維持証拠金率の2種があります。

オートクローズ証拠金率とは、バックストップ流動性プロバイダーに対してクローズを防ぐために必要な最低の証拠金率のことです。
FTXのレバレッジ取引でのオートクローズ証拠金率は0.30%になります。

ポジション維持証拠金率は、レバレッジ率によって異なります。
FTXの最大レバレッジが20倍以下の時は3%、50倍以上の時は0.60%です。
レバレッジの倍率に関わらず、最低証拠金率からポジションサイズに応じて増加します。

(3)50倍以上のレバレッジには追加手数料

FTXでは50倍以上のハイレバレッジには、追加のメイカー・テイカー手数料を徴収しています。

50倍のレバレッジ で、通常の取引手数料に0.02%のメイカー・テイカー手数料が追加です。
100倍・101倍のレバレッジで、メイカー・テイカー手数料が0.03%上乗せされます。

(4)ポジションリミット

FTXでは全サブアカウントのハイレバレッジのポジションリミットを、加重されたポジションサイズで250万ドルに制限しています。
250万ドルには、オープンオーダーも含まれます。

加重されたポジションサイズは、次のように計算可能です。
ポジションとオープンオーダーサイズ x 先物マーク価格 x 先物ポジション上限ウェイト

ポジションリミットに達すると、250万ドル以上の注文はできません。
またポジションリミットが発動されたユーザーは、高いレバレッジ倍率のオプションへの切り替えが不可です。

ご自身のトレードページの「Position limit(ポジションリミット)」から、自身の確認時点でのポジション額を確認できます。
また同時に、合計ポジション上限額も確認可能です。

ポジションリミットにかかるか危ない方は、定期的に確認しておきましょう。

(5)レバレッジ倍率の変更

FTXのレバレッジ倍率の変更は、アカウントの「Settings(設定)」にて可能です。
「Settings」を開いたら、「Margin」を開いて選ぶレバレッジ率にチェックをします。
ただし、すべてのポジションを精算してから、FTXのレバレッジ倍率の変更をしてください。

FTXでは最大101倍のレバレッジ率を選べますが、ハイリターンはハイリスクの危険も高くなります。
少なくても慣れるまでは、低めのレバレッジ率から始める方が安全でしょう。

(6)追証なし・ゼロカット

FTXにはどんなに高いレバレッジ を掛けても、ゼロカットで追証がありません。
よって万が一大きな損失を出しても、借金の心配がなく安心です。

しかしハイレバレッジ取引で失敗すると、損失も大きくなる事実は変わりません。
ハイレバレッジはハイリターンでもありますが、慎重にレバレッジ率は選びましょう。

FTXでは追証・ゼロカットなし!
FTXでは追証・ゼロカットなし!追証がない注意点とは 海外仮想通貨取引所「FTX」は、豊富なデリバティブ商品や信頼性の高さ・ユニークなトークン・面白いキャンペーン等で知られています。...

(7)強制ロスカット

FTXのレバレッジ取引には、強制ロスカットがあります。
そのため、ロスカット基準に達すると強制的に決済されます。

たとえば維持率が3%の場合は、レバレッジ33%に達するとロスカットされるルールです。

「追証やロスカットを行う基準は証拠金維持率」とする定めは、一般的な仮想通貨取引所では普通です。
なお、証拠金と含み損益の率のことを証拠金維持率と呼びます。

対するFTXでは、ロスカットを行う基準は推定決済価格と証拠金維持率です。

「推定決済価格」は、FTXのトレード画面右側の「インフォメーションボックス」で確認できます。
先物取引の価格が「推定決済価格」に並ぶと、途端にロスカットされます。

多くの取引所と同じく、FTXも証拠金維持率もロスカットの基準とします。
インフォメーションボックスの「メンテナンスマージン要件」が、証拠金維持率に当たります。

同じくインフォメーションボックスで確認できる「マージン分数」が「メンテナンスマージン要件」より低くなると、ロスカットされます。

通常ロスカットの実施は、「証拠金と含み損益の割合」が証拠金維持率より下になった時です。

けれどもFTXでは、証拠金をマーク価格で割った「マージン分数」が、証拠金維持率より低くなった時にロスカットされます。

FTXのロスカット率は変わり続けるるので、定期的にインフォメーションボックスで確認しましょう。
証拠金維持率の変化に合わせて、ロスカット率変わるからです。

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

FTX独自のレバレッジトークン

FTXには、独自のレバレッジトークンが5種存在します。
FTXのレバレッジトークンは、ユニークかつ便利です。
ただし、日々のメンテナンス料なども発生する点に留意しましょう。

(1)FTX独自のレバレッジトークン

レバレッジトークンとは、仮想通貨の色々な銘柄に対して、ポジションにレバレッジを組み込んでトークン化したものです。

スポット市場で購入できるレバレッジトークンは、担保や証拠金などを管理する必要がありません。
取引上で、レバレッジトークンを証拠金代わりに利用もできるので便利です。

FTXのレバレッジトークンは全5種類で、すべてERC-20規格*1を満たしています。
ERC-20規格のFTXのレバレッジトークンは、アカウントから出金可能です。

ウォレットからETHウォレットに移動すると、レバレッジトークンの送金もできます。
よって、レバレッジトークンを上場しているプラットフォームへの送金が可能です。

*1 ERC-20規格:
2015年11月19日に発表された「スマートコントラクトの共通規格」のこと。
「ERC」は「Ethereum Request for Comments」の略で、「イーサリアムの技術提案」を意味する。
ERC-20規格の目的は、イーサリアムの開発コミュニティ全体を便利にするため。

レバレッジトークン レバレッジ倍率 ポジション
BULL 3 ロング(買い)
MOON 10 ロング(買い)
HEDGE 1 ショート(売り)
BEAR 3 ショート(売り)
DOOM 10 ショート(売り)

(2)強制ロスカットがない

FTXのレバレッジトークンには強制ロスカットがありません。
毎日日本時間の午前11時に、自動的にレバレッジトークン自体が、レバレッジを元と同じ水準に調整するからです。

レバレッジトークンの「リバランス」機能により、自身で行うリスク管理の緊張感は緩まります。

さらにFTXはレバレッジトークンに関係なく、「追証なし」に徹しています。
よって、FTXのレバレッジトークンを用いてハイリターンを狙いながら、追証を恐れる必要がありません。

(3)損益幅が広い

レバレッジトークンは、同レバレッジ倍率のマージン取引より利益も損失も大きくなります。
なぜなら、レバレッジトークンはエクスポージャーが変化するからです。

たとえば、トークンが1日で15%、2日で合計30%上昇したと仮定します。
マージン取引での利益は30%です。
しかしリバランスが入るレバレッジトークンでは、32.25%の利益となります。
初日で上昇した15%を加えて、レバレッジトークンが再調整したからです。

相場の向かう方向が合致すれば、マージン取引よりレバレッジトークンを用いた取引の方が儲けが良いでしょう。
反対に損失が発生する時も、マージン取引よりレバレッジトークンの取引の方が大きな痛手を受けます。

レバレッジトークンを使用する取引は、レバレッジ取引よりハイリスク・ハイリターンです。
まずは、低めのレバレッジ率のレバレッジトークンから取引を始めると良いでしょう。

(4)レバレッジトークンの手数料

FTXのレバレッジトークンには、レバレッジトークンの作成および償還手数料が必要な場合があります。

またFTXのレバレッジトークンを所有すると、毎日メンテナンス手数料を支払う義務が生じます。

①作成および償還手数料

FTXのレバレッジトークンを米ドルから作成および償還すると、手数料が0.10%かかります。
しかし現物取引でレバレッジトークンを得た場合は、作成料ならびに償還料は発生しません

②管理料

FTXのレバレッジトークンの保有価値の0.03%が、日々のメンテナンス手数料です。
FTXのトークンの資産価値から、FTXがレバレッジトークンの管理料を差し引きます。

(5)対応する通貨は多い

FTXで売買できるレバレッジトークンの銘柄の種類は、非常に多くあります。

たとえばFTXの特徴の一つでもある、主要なアルトコインで構成された「Altcoin Index(ALT)」や取引所トークンの集合体である「Exchange Token Index(EXCH)」などです。

一部をご紹介するので、参考になさってください。

レベレッジトークン
  • Algorand(ALGO)
  • ADA(ATOM)
  • ATOM(ATOM)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • バイナンスコイン(BNB)
  • ビットコインSV(BSV)
  • ビットコインボラリティトークン(BVOL)
  • インバースビットコインボラリティトークン(IBVOL)
  • ビットマックス(BTMX)
  • DOGE(DOGE)
  • EOS(EOS)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • イーサリアム(ETH)
  • フォビートークン(HT)
  • LEO(LEO)
  • ライトコイン(LTC)
  • LINKCHain(LINK)
  • Matic(Matic)
  • OKB(OKB)
  • TRON(TRX)
  • テザー(USDT)
  • XRP(XRP)

まとめ:FTXは最大レバレッジ101倍+レバレッジトークンに対応!

FTXのレバレッジ取引で適用できるレバレッジ倍率と、あらかじめポジションにレバレッジを組み込んだレバレッジトークンをご紹介しました。

レバレッジトークンを用いた取引は、同じ倍率であればレバレッジ取引よりハイリスク・ハイリターンになります。

またレバレッジ取引には不要ですが、レバレッジトークンは所持しているだけで日々0.03%のメンテナンス料が発生するのでご留意ください

レバレッジ取引・レバレッジトークン共に、うまく進めば短期間で大きな利益を生むでしょう。
しかし損失方向に転じた時も同じで、あっという間に莫大な損失額となります。

よって、レバレッジ率は慎重にお選びください

\入出金手数料無料/

レバレッジ最大101倍!

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
Ranking1