FX

海外FXのMT5について解説 | MT5に対応している海外FX業者の選び方も紹介

海外FXのMT5

「MT5を利用したいのに、どの業者が良いのかわからない・・・」という悩みを抱いている方は少なくありません。MT4ほど普及していないものの、MT5に対応している海外FX業者は増えてきているため、選択肢が広くなりつつあるという点が挙げられるでしょう。

この記事では、徐々に普及しつつあるMT5と海外FXというのをテーマに、MT5の概要からMT4との比較、MT5に対応している海外FX業者の選び方やMT5対応のおすすめ海外FX業者について解説しています。

海外FXで利用されているMT5とは?

海外FX業者で広く普及しているMT4の次世代取引ツールとなると言われているのが、MT5です。MT5は、基本的な機能としてはMT4を継承しながら、さまざまなポイントでMT4から改良が加えられています。

このことから、取引ツールとしてのスペックとしてはMT5の方が高いものの、次世代の取引ツールということもあって、MT5は海外FX業者側の対応がMT4ほど進んでおらず、普及しきっていない印象が否めません。ただし、大手の海外FX業者では対応していることも少なくないので、MT5に関して把握しておいて損はないでしょう。

MT5とMT4を比較

MT5とMT4は持っている根本の機能は、似通っています。そのため気になるのは「MT5とMT4の具体的な違いはなにか?」という点でしょう。以下の表に、両者の特徴をまとめました。

MT5 MT4
動作の軽さ 軽い MT5よりは重い
自動売買(EA)の種類 MT4よりも少ない 多い
時間足 20種類以上 9種類
普及度 大手の海外FX業者など ほとんどの海外FX業者

基本的な取引ツール(動作など)としてのスペックは、MT5の方が高いと考えて問題ありません。しかし、上記の表のように自動売買のバリエーションなどにおいて、MT4はシェア率の高さ・歴史の長さなどから、MT5に勝っています。この点は、MT5のシェア率が高くなることで解決される問題と見られ、世代交代が進むことでMT5でも自動売買のバリエーションに悩むことは少なくなっていくでしょう。

これからはMT5が普及する

現状では、MT4のシェア率が圧倒しており、MT5の普及度は限定的です。しかし、この状況は年々解消されつつあります。大手海外FX業者を中心に、MT5にも対応しているという業者が多くなってきており、MT5の本来のスペックなどを考慮すれば、MT5が普及するのも時間の問題でしょう。

自動売買を中心に取引を行っている方だと移行は難しいかもしれませんが、裁量トレード中心の方であれば、一度MT5を使用してみることをおすすめします。動作の軽さなどから「MT4には戻れない」と感じる方も少なくないでしょう。

MT5に対応している海外FX業者の選び方

これから、MT5に対応している海外FX業者の選び方について解説していきます。MT5をフル活用できる海外FX業者を選べるようになりましょう。

(1)信頼性をチェック

海外FX業者を選定する際に、はじめに着目したいのは「信頼性」です。海外FX業者は、その特性上、金融関連の業者を信頼する根拠となる金融ライセンスなどを保有していないことが少なくないです。

というのも、規制の厳しい先進国の金融ライセンスを保有してしまうと、レバレッジやキャンペーン・ボーナスなどに一定の規制がかかることが多く、実際に国内FX業者のレバレッジが低いのは、金融庁による締め付けが原因です。そのため、海外FXの醍醐味であるハイレバ・豊富なボーナスと、信頼性の高い金融ライセンスというのは、共存しにくい関係性にあります。

当局による信頼性が担保されていない分、利用者サイドで信頼性をチェックしていくという姿勢が必要になります。海外FX業者を選定する際は、最低限以下のような項目をチェックしておくことがおすすめです。

  • グループを含めた金融ライセンス
(グループ会社が信頼性の高い金融ライセンスを保持していることもあるため)
  • 資金管理方法
  • ネット上の評判、口コミ

著名な海外FX業者であれば、信頼性が一定程度確保されるため、初心者の方はマイナーな海外FX業者ではなく、知名度の高い海外FX業者からスタートすることを推奨します。

(2)取引環境をチェク

海外FX業者は、基本的に拠点を日本においていることはありません。日本人向けに積極的にサービスを展開しているような業者であっても、サポートセンターなどは海外にあることが一般的です。

このことから、取引に用いられるサーバーなども海外にあることが多く、海外FX業者が持っているIT系のインフラが弱いと、約定力が低くなったり、遅延が発生しがちだったりと、さまざまな問題が発生します。IT系のインフラにこだわっている海外FX業者と、そうではない海外FX業者では、取引環境の品質に大きな違いが発生します。

ネット上の評判などを調べて、約定力やサーバーの安定度に疑問の声が出ているような海外FX業者であれば、注意したほうが良いでしょう。MT5は動作の軽さなどが売りですが、裏側のインフラがしっかりとしていないと、MT5の本来のスペックを発揮できません。

(3)取引条件をチェック

海外FX業者は、業者ごとに取引条件が異なります。スプレッドやレバレッジが異なることは想像に難くないですが、中には「取引における禁止行為」を設定している海外FX業者も存在しています。

あらかじめ各海外FX業者が設定している禁止行為に抵触してしまうと、最悪の場合口座凍結などの措置が取られることも十分に考えられます。禁止されている行為は、海外FX業者によって異なるものの、一般的には以下のようなものが見られます。(以下のような行為が、可能な業者も多数存在)

  • 裁定取引
  • スキャルピング
  • 自動売買
  • 窓開けの狙い取引

海外FX業者によって設定している禁止行為は異なっているので、予めチェックしておきましょう。

(4)日本語に対応しているかチェック

海外FX業者の多くが多数の言語に対応していますが、その品質は各海外FX業者によって変わってきます。というのも、日本語サポートに対応していたとしても、日本人スタッフが常駐している業者から、カタコトのスタッフが対応する業者まで、サポートの手厚さは異なっているためです。

もちろん、カタコトであっても問題がないことも多いですが、やはり日本語が堪能なサポートであればあるほど、問題が早く解決されることが多く、日本人の利用者としては日本語サポートが手厚いことに越したことはないでしょう。

そのため、日本語サポートに「そもそも対応しているのか?」という点はもちろんですが、ネット上の口コミなどから「日本語サポートの品質はどうか?」という点もチェックしておきましょう。

MT5に対応しているおすすめの海外FX業者5選

これから、前述した選び方のポイントを考慮した上で、おすすめできるMT5に対応している海外FX業者を「XM」「LandFX」「Titan FX」「AXIORY」「HotForex」という5つの業者からご紹介していきます。

(1)XM

XMは、日本人利用者の中で圧倒的な知名度を持つ海外FX業者です。最大888倍のレバレッジ、豊富な入金ボーナスなどが特徴で、一般的に海外FXで想像されるようなスペックを持っている海外FX業者だと言えるでしょう。

初心者向けの教材なども豊富であることから「取り敢えず、海外FXを利用してみたい!」という初心者の方に、ピッタリの海外FX業者です。日本語サポートなども手厚いことから、なにか疑問点があっても、すぐに解決できるものが大半でしょう。

XMでは、MT5・MT4が利用可能となっており、どちらの取引ツールを利用する場合でも、デモ口座を開設することが可能です。少しでも気になるという方は、デモ口座からスタートしてみても良いかもしれません。

(2)AXIORY

AXIORYは、スプレッドの狭さや約定力が高いこと、cTraderなどに対応していることなどが特徴の海外FX業者です。AXIORYは、最大レバレッジが400倍と特段高くないものの、口座残高による制限を受けません。

また、AXIORYは「ロット制限」が緩めに設定されており、最大1,000ロットまで対応しています。レバレッジが口座残高により制限されないことや、ロット制限がゆるいことを考慮すると、大口取引に強いです。

このようなポイントを考慮すると、大きな取引をしがちな中級者から上級者はかなり恩恵を受けると考えられますが、こちらもキャンペーンを積極的に行っている業者ではありません。このことから、ほとんどボーナスを期待できず、初心者にとっては大きなデメリットを持っています。AXIORYは、MT5・MT4・cTraderを用いた取引に対応しています。

(3)HotForex

HotForexは銘柄の豊富さや、レバレッジの高さに定評のある海外FX業者です。最大1,000倍のレバレッジに対応しており、ナンバーワンのハイレバ業者とまではいかないものの、トップレベルのハイレバを提供していると言えるでしょう。

また、取引できる銘柄は1,200以上提供されており、金属・エネルギー・株式・インデックス・ETFといった多様な商品に対応しています。リオネル・メッシが所属している著名なサッカークラブである「パリ・サンジェルマン」のスポンサーになっているほどの資本力のある会社が母体となっているため、信頼感も高いです。HotForexでは、MT5・MT4に対応しています。

(4)LandFX

LandFXは、スプレッドの狭さや約定力に定評のある海外FX業者となっており、スプレッドの狭さ・約定力といった点を重視する方を中心におすすめの海外FX業者です。特に約定力にはこだわっていて、世界中にデータセンターを展開したり、Equinix・Rous Techなど複数のテック企業と提携を結ぶといった策を講じています。

手厚い日本語サポートを提供していて、電話やライブチャット、メールといった複数の方法でLandFXからのサポートを受けることが可能です。取引ツールはMT5・MT4に対応しています。スプレッドや約定力に重きを置いているなら、チェックしてみるのがおすすめです。

(5)Titan FX

Titan FXについても、LandFXと同じく約定力やスプレッドの狭さに定評のある海外FX業者です。取引を行う上での基礎的なスペックが高いため、中級者から上級者に人気があります。しかし、その一方で初心者にはとっつきにくい印象を与えるでしょう。

というのも、Titan FXは積極的にキャンペーンを行っておらず、ボーナスは基本的に期待できないと考えた方が良いです。このことから、ボーナスに対するニーズが強い初心者にはおすすめできない海外FX業者です。一方で、海外FX初心者であっても、もともと国内FXを経験しており、はじめからスペックの高い海外FX業者を利用したいといった方であれば、十分におすすめできます。TitanFXでは、MT5・MT4・WEBなどから取引を行うことができます。

まとめ

この記事では、MT5と海外FXというテーマで、さまざまなポイントを解説しました。大手の海外FX業者を中心に、MT5を採用する海外FX業者は増えつつあります。

まだまだ、MT4ほど普及していないものの、MT4のサポートは終了しており、時代の潮流はMT5にあります。できるだけ早く使いこなせるようになっておきたいところです。

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
海外FX業者おすすめ比較ランキング