FX

海外FXの入金方法や注意点について解説

海外FXの入金方法

海外FX初心者にとって複雑に感じるのが「海外FXの入出金関連」のトピックです。「どの入金方法を利用すれば良いのか分からない」という方も少なくありません。しかし、自分に合った入金方法を利用しないと、後々出金の際に後悔することもあります。

この記事では、そんな海外FXの入金方法について代表的な6つの入金方法から、注意点まで幅広く解説しています。

海外FXの代表的な入金方法

海外FXの主要な入金方法を6つご紹介していきます。これから紹介するいずれも海外FX業者の入金方法となっていることが多く、各業者によってそのバリエーションは異なるものの、基本的にこれから紹介する入金方法を押さえておけば、海外FXの入金で混乱することはありません。

(1)国内銀行

日本の利用者にとって最も馴染み深いのが「国内銀行による送金」でしょう。慣れ親しんだ入金方法であることから利用されやすいものの、デメリットもあるので注意が必要です。

①国内銀行の特徴

海外FX業者であっても、国内銀行間による入金に対応している業者は少なくありません。国内銀行による入金は、国内FXと同じように国内の銀行に送金することによって入金が完了する仕組みで、他の入出金方法と比べると、入金するまでの操作・流れに慣れている方が多いのが特徴です。反映までの流れとしては、海外FX業者が国内銀行への送金を確認できた段階で、口座残高に反映されるといった形になります。

【主要取引所の国内銀行対応状況】
海外FX業者 対応状況
XM
Titan FX
iFOREX ×
GEMFOREX
AXIORY

②国内銀行のメリット

国内銀行のメリットは「慣れている人が多い」「誰でも利用できる」といった点が挙げられるでしょう。銀行口座は誰でも持っているので利用するまでのハードルが低く、一般的な銀行送金同様にネットバンキングによる入金にも対応しているため、どのような方でも気軽・簡単に入金を行うことが可能です。

③国内銀行のデメリット

国内銀行による入金は誰でも利用しやすい反面、他の入金方法と比較すると「反映が遅い」ことが多く、レスポンスの悪さ(反映までに数日掛かることも)がデメリットに挙げられます。口座残高反映までのレスポンスを重視する場合は、あまりおすすめできません。

(2)海外銀行

以前までは主流だった海外銀行への入金(国際的な銀行間の送金)ですが、現在ではあまり人気がありません。しかし、依然として主流な入金方法として導入している業者も存在しており、出金方法として用いられることもあるので、チェックしておいて損はないでしょう。

①海外銀行の特徴

海外銀行による送金では、基本的に銀行間のやり取りで送金が行われるという点から見ると、仕組み自体は国内銀行と大きく変わりません。いくつかの銀行を経由し、海外FX業者の銀行へ着金したことが確認されると、口座残高へ反映されます。

【主要取引所の海外銀行対応状況】
海外FX業者 対応状況
XM ×
Titan FX ×
iFOREX
GEMFOREX ×
AXIORY

②海外銀行のメリット

海外銀行のメリットは、国内銀行を利用した際の出金に用いることができる点です。(業者によって異なる)
その点以外は大きな特徴はありません。一方で、下記で解説しているデメリットは多めです。

③海外銀行のデメリット

海外銀行は、手数料が非常に高く・反映までが遅いなどのデメリットがあります。他の入金方法を比較すると、デメリットが目立ちます。海外の銀行へ送金する際に、いくつもの銀行を中継することによって発生するデメリットになっており、構造上仕方がないものになっています。特別な理由がなければ、基本的に他の入金方法を利用するのがおすすめです。

(3)STICPAY

STICPAYはオンラインウォレットサービスで、世界的に国際送金などを行う際に用いられています。海外FX業者でも対応しているケースが多く、利用検討したい入金方法の一つです。

①STICPAYの特徴

STICPAYは、後に紹介するbitwalletなどと同じようにオンラインウォレットサービスを展開しています。他のオンラインウォレットサービスとは異なる大きな特徴としては「仮想通貨による入金」に対応している点です。仮想通貨による入金を行いたい方は、おすすめの入金方法です。

【主要取引所のSTICPAY対応状況】
海外FX業者 対応状況
XM
Titan FX
iFOREX ×
GEMFOREX
AXIORY

(XMは新規受付中止、GEMFOREXは9月現在でメンテ中)

②STICPAYのメリット

STICPAYのメリットは、他のオンラインウォレットサービスでも共通していることではありますが、反映までが非常に短く、基本的に「即時」で反映されます。銀行による送金では数日掛かってしまうことを考慮すると、大きなメリットでしょう。

③STICPAYのデメリット

STICPAYのデメリットは、bitwalletと比較すると日本人に人気の高い海外FX業者での対応状況が遅れていることが挙げられます。銀行による送金と比較するとメリットが目立つものの、競合相手のbitwalletと比較すると普及状況に遅れが見られます。特にXMが新規受付を停止しているというのは、ダメージが大きいです。(XMは非常に人気が高い業者のため)

(4)bitwallet

bitwalletは、海外FX業者の入金方法として最も普及しているオンラインウォレットサービスの一つに挙げられます。多くの海外FX業者が入金方法として採用しており、利用を検討している方も少なくないでしょう。

①bitwalletの特徴

bitwalletはSTICKPAYと同じくオンラインウォレットサービスになっており、シンガポールを拠点にしている会社によって提供されています。国際的な送金を簡易化することで、海外FX業者を利用する際の入金・出金を容易にしてくれるサービスです。

【主要取引所のbitwallet対応状況】
海外FX業者 対応状況
XM
Titan FX
iFOREX
GEMFOREX
AXIORY ×

②bitwalletのメリット

bitwalletの大きなメリットは、多数の業者が対応していることから、業者間で資金を移動する際の手間が省けるという点が挙げられます。業者間で利用できる入金方法に違いがあると、一度銀行口座に戻してから、別の方法で入金し直すといった手間が発生します。

しかし、bitwalletであれば対応している業者が多いため、bitwalletに資金を戻すだけで直ぐに別の業者へ入金することが可能です。また、即時反映となっていることから、「処理を行ってから反映まで数日掛かる」といった面倒もありません。海外FX業者に広く普及しているからこそのメリットを存分に活かすことができます。

③bitwalletのデメリット

bitwalletから海外FX業者への入金は無料なことが多いですが「利用者がbitwalletへ入金する」際の手数料は高めです。VISA・MasterCardであれば4%、その他のカードなら5%の手数料が取られます。数万円程度の入金ならダメージは数百円程度になりますが、数百万円といった金額を入金すると、手数料は数万円〜数十万円に膨れ上がります。

(5)仮想通貨

仮想通貨は近年導入されはじめた入金方法で、まだ対応している業者が多くありません。その一方で、メリットが多い入金方法ではあります。

①仮想通貨の特徴

仮想通貨による入金は、直接仮想通貨を用いるものと、STICKPAYなどを経由した間接的に仮想通貨を用いる2種類が存在しています。まだまだ、直接仮想通貨を入金できる業者は少なく、普及が追いついていない状態です。

【主要取引の仮想通貨対応状況】
海外FX業者 対応状況
XM △(ウォレット経由)
Titan FX △(ウォレット経由)
iFOREX ×
GEMFOREX
AXIORY ×

②仮想通貨のメリット

仮想通貨のメリットは、銀行・オンラインウォレットを通さずに直接入金できることから、手数料が非常に安く済む可能性があることです。トランザクションを処理する手数料は通貨によって異なるため一概には評価できませんが、手数料が数百円程度の仮想通貨が存在していることを考慮すると、将来的に最も手数料が安い入金方法になるポテンシャルがあります。

③仮想通貨のデメリット

仮想通貨のデメリットには、仮想通貨の価格自体が安定していない・手数料が仮想通貨によって大きく異なること(場合によっては非常に高い)・まだまだ普及が進んでいないことなどが挙げられます。デメリットが山積しており、仮想通貨の入金に関しては、どちらかというと、今後の可能性に期待したい入金方法です。

(6)クレジットカード

クレジットカードは、最も普及している入金方法となっており、ほとんどの業者がクレジットカードを利用した入金を導入しています。

①クレジットカードの特徴

クレジットカードによる入金は、クレジットカードで何かを購入するのと同じような形で、海外FX業者へ送金します。形式上は、ショッピングをしているのと変わりません。即時反映されることが多く、ほとんどの業者で対応しているのが特徴です。

【主要取引のクレジットカード対応状況】
海外FX業者 対応状況
XM
Titan FX
iFOREX
GEMFOREX
AXIORY

②クレジットカードのメリット

クレジットカードのメリットは「クレジット・デビットカード持ちなら誰でも利用できる」「即時反映される」といった点が挙げられます。利用する前の準備を含めた入金までの一連の流れが、もっともシンプルで早いです。

③クレジットカードのデメリット

普及率が高く、即時反映されると聞くとベストな入金方法に考えられる方も少なくないでしょう。しかし、クレジットカードによる入金は「出金」が少し複雑です。

クレジットカードによる出金は「キャンセル扱い(リファンド)」となるため、入金した以上のお金を出金することはできません。細かな対応は各業者によって異なりますが、入金以上の出金(利益など)関しては銀行送金になることが多いです。

また、キャンセルが承認されてクレジットカード会社から返金される時期も、クレジットカード会社によって異なります。クレジットカードによる入金は簡単なものの、出金は不透明・複雑な面が否めません。

おすすめの海外FXの入金方法

上記のような6つの入金方法の中から、おすすめの入金方法はケースによって異なってきます。まとめると、おすすめの入金方法は以下のとおりです。

入金方法に対するニーズ おすすめの入金方法
できるだけ早く・簡単に入金したい クレジットカード
クレジットカード情報を知られるのが怖い 銀行 or STICPAY・bitwallet
さまざまな業者で使いたい bitwallet

選択肢がいくつかある場合は、利用を予定している海外FX業者の対応状況によって、適切な入金方法を選ぶと良いでしょう。(同じ入金方法でも、業者によって細かな反映時間などが異なるため)

海外FXの入金に関する注意点

海外FXの入金に関する注意点について「入金方法によって出金方法が決まる」「これまで使っていた入金方法が消えることも」といった点から解説していきます。

(1)入金方法によって出金方法が決まる

細かな条件は各業者によって異なるものの、基本的には「入金方法が出金方法になる」という点を押さえておきましょう。つまり、クレジットカードを利用していた場合はクレジットカードで、bitwalletを利用して入金した場合はbitwalletに出金されます。入金方法によって出金方法が左右されるため、入金を行う際は出金を見据えた上で選定する必要があります。

(2)これまで使っていた入金方法が消えることも

海外FX業者の入出金関連のサービスは、移り変わりが非常に激しいです。これまで利用できていた入金方法が消えることも少なくありません。もちろん、その分新しい入金方法も追加される傾向にあるため、海外FXを利用している限りは入出金のサービスを定期的にチェックしておくのがおすすめです。

まとめ

この記事では、海外FXの入金について解説しました。海外FXの入金方法はバリエーション豊かですが、各入金方法によって特徴が大きく異なります。各入金方法のメリット・デメリットを把握した上で、自分にあった入金方法を利用しましょう。

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
海外FX業者おすすめ比較ランキング