FX

FBSの評判・口コミを調査|メリット・デメリットも合わせて解説

FBSの評判・口コミ

FBSはボーナスやレバレッジが特徴的な海外FX業者です。しかし、FBSの公式サイトをチェックしてみると、日本語化対応が遅れており「まともな海外FX業者なの・・・?」と不安になった方も少なくないでしょう。

この記事では、FBSの信頼性を5つのポイントから評価し、メリット・デメリット、実際の利用者のリアルな口コミ・評判について解説していきます。

\キャッシュバックが魅力的!/

レバレッジ最大3000倍!

FBSの概要・特徴

FBSは最大3,000倍のレバレッジに対応していることや、ボーナスが豊富な点に惹かれて口座開設を検討している人も多いでしょう。しかし、実際にはレバレッジ制限があったり、ボーナスの条件が厳しいなどのデメリットがあります。

一方で、セント口座なら少額からの取引に対応している、コピートレードが可能といったメリットがあったりと、初心者におすすめできる要素もあり、一長一短がはっきりとしている海外FX業者になっています。

FBSの信頼性について

FBSは日本語対応が遅れており、日本人目線から見た時にかなり信頼性に疑問が出る海外FX業者です。これから、FBSの信頼性を5つのポイントから評価し、「FBSは利用しても安全?」という点について解説していきます。

(1)FBSの運営会社と実態

FBSにはいくつかのグループ会社が存在しており、日本人向けの公式サイトは「Mitui Makets Ltd.」という法人によって運営されていて、バヌアツの「133 Santina Parade, Elluk, Port Vila, Efale, Vanuatu」という住所に位置しています。

日本人向けにFBSのサービスを提供している法人の運営実態は確認できませんが、FBSグループ体で見ると、著名な海外のサッカーチームである「レスター・シティ」のスポンサーになっており、過去にはバルセロナのスポンサーだった時期もあります。このようなポイントから、運営実態はあると見て良いでしょう。

(2)FBSのライセンス

FBSは、グループ会社内の各社によって保有しているライセンスが異なります。日本人向けの公式サイトを運営している法人に関してはライセンスを保有しておらず、ライセンス未取得の状態で運営されています。

一方で、FBSグループ全体で見ると、信頼性の高いライセンスを取得しています。EU向けにFBSのサービスを展開している「Tradestone Limited」は信頼性の高い「CySEC(キプロスのライセンス)」をしています。

また、FBSグループの「FBS Markets Inc」は「IFSC(ベリーズ)」というライセンスを保有しています。このようなことから、グループ全体のライセンスにおける信頼性は十分に高いと言えるでしょう。

(3)FBSの資金管理方法

日本人向けに運営されているFBSの資金管理方法は公開されておらず、不透明な部分が多いです。このことから、日本人向けのFBSに関しては資金管理の面において、信頼性が低いと言えるでしょう。しかし、この点についても、FBSグループ全体では信頼性が高いです。

EU向けにFBSを展開している「Tradestone Limited」が取得しているライセンスである「CySEC」に登録している業者は、信託保全が必須となっています。日本人向けの法人でどのような資金管理を行っているのか?については不透明な部分が見られるものの、グループ全体での信頼性はある程度担保されているでしょう。

(4)FBSの損失補填事例

FBSの損失補填事例は確認することができません。SNS上や各口コミを調査しても、損失補填に関する事例を見つかりませんでした。また、FBSのニュース欄でも、過去1年間で損失補填をアナウンスした例がありません。

しかし、FBSの契約書では紛争に関する記載が確認でき、利用者側が紛争状態においてFBS側に申し立てが行える旨が記載されています。ただし、完全に日本語化されているわけではなく詳細な部分の解釈は異なる可能性があり、内容もFBS側に有利なものだったことから、損失補填については不透明な部分が残るでしょう。

ただし、「紛争に関する申し立てを行う権利がある」という明確な記載があることから、FBSのサポートに問い合わせることで、FBSの過失があるトラブルであれば、損失補填に対応してもらえる可能性はあります。

(5)FBSのサポート体制

FBSは問い合わせ方法が豊富で「LINE」「ワッツアップ」「テレグラム」といったチャットアプリに対応しており、メールでの問い合わせも可能です。しかし、完全な日本語対応をしている訳ではなく、翻訳ソフトを使っているような回答が返ってくることも多いです。このことから、利用者側も「分かりやすい日本語を使う」といった工夫が必要になるでしょう。

FBSのメリット・デメリット

FBSのメリット・デメリットを解説していきます。FBSの強み・弱みから特徴を把握していきましょう。

(1)FBSのメリット

FBSのメリットを「レバレッジ3,000倍に対応」「初回のハードルが低い」「コピートレードが可能」という3点から解説していきます。

①レバレッジ3,000倍に対応

FBSには、5種類の口座が存在しており、その中でも主要な「マイクロ」「スタンダード」「ゼロスプレッド」という3つの口座で、レバレッジ3,000倍に対応しています。海外FXの特徴にハイレバが挙げられますが、FBSはその中でもトップクラスのハイレバ環境を提供しています。ハイレバを求める方には大きなメリットになるでしょう。

②初回のハードルが低い

FBSでは「セント口座」という少額取引専用の様な口座が利用できます。セント口座の最低入金額は「100円から」となっており、初心者でも気軽に海外FXをスタートすることができます。また、マイクロ口座の最低入金額も低く設定されており「500円から」になっています。

最低入金額が数百円程度の口座が2種類も存在していることから、初心者で海外FX業者にハードルを感じており、少額からスタートしたい方には大きなメリットとなるはずです。
 

③コピートレードが可能

FBSは、他者のトレードをそのまま自分の口座に反映させるコピートレードが利用可能です。コピートレードであれば、プロのトレードをそのままコピー可能なので、初心者にとって大きなメリットになります。

また、FBSのコピートレードは他社のコピートレードよりも手数料が少なくなっており、一般的なコピトレードが数十%の手数料が必要なのに対して、わずか5%の手数料で利用することができます。コピートレードはFBSの強みの1つであると言えるでしょう。

(2)FBSのデメリット

FBSのデメリットを「レバレッジ制限あり」「ボーナスの条件が厳しい」「円口座に非対応」という3点から解説していきます。

①レバレッジ制限あり

3,000倍というFBSのレバレッジに魅力を感じている方も多いですが、実は口座残高によって利用できるレバレッジは大きく異なるのです。3,000倍のレバレッジを利用できるのは、口座残高200ドルまでとなっており、それ以降は2,000倍に制限されます。2,000倍以降も口座残高によって、以下のような制限が掛かります。

レバレッジ 口座残高
2,000倍 200ドル〜2,000ドル
1,000倍 2,000ドル〜5,000ドル
500倍 5,000ドル〜30,000ドル
200倍 30,000ドル〜150,000ドル

②ボーナスの条件が厳しい

FBSには、さまざまなボーナスが存在しており、常時開催しているものでは「口座開設で100ドル」「100%入金ボーナス」「キャッシュバック」「ロイヤリティプログラム」などが挙げられますが、どれも条件が非常に厳しいです。

禁止行為が多い・ボーナスが消滅・複雑な出金条件などを考慮すると、FBSのボーナスを引き出すことは難しいと考えておいた方が良いです。大きなメリットに感じられるボーナスを提供しているものの、実質的にはボーナスの恩恵を期待できません。

③円口座に非対応

FBSは円口座に非対応となっています。対応しているのはドル・ユーロ建てのみとなっており、慣れていない方はストレスを感じるでしょう。また、入出金に伴い為替の状況によっては、損失を被る可能性もあるので、デメリットとして挙げられます。

FBSの口コミ・評判をチェック

やはり気になるのは、利用者のリアルな声です。これから5つのポイントに分けて、口コミ・評判を徹底調査した内容をご紹介していきます。

(1)FBSのスプレッドに関する口コミ・評判

FBSのスプレッドの口コミ・評判については、ポジティブなもの・ネガティブなものが半々程度で見られました。ポジティブなものとしてはユーロ圏のスプレッドが狭いといったものが見られ、ネガティブなものとしては一時的にスプレッドが広がる現象が見られるといったものが確認できました。

どの海外FX業者であっても、スプレッドは変動します。しかし、FBSに関してはスプレッドの安定性に疑問を呈する声が特に多く見られました。

(2)FBSの約定力に関する口コミ・評判

FBSの約定力に関する口コミ・評判は、賛否両論でした。約定力が高いとする口コミ・評判もありましたが、約定力が安定しないといったものも見られました。スプレッドと同じように、タイミングによって変化し、安定性が低いようです。

(3)FBSのサポートに関する口コミ・評判

FBSのサポートに関しては、概ねポジティブな口コミ・評判が見られました。しかし、ネガティブな内容とまではいかないものの「一応日本語に対応している(完全ではない)」といった情報も見られたため、他の海外FX業者と比較すると、日本語対応が遅れている印象は否めません。

(4)FBSのボーナスに関する口コミ・評判

FBSのボーナスについては、概ねネガティブな口コミ・評判が見られました。やはり、縛りの厳しいボーナス条件がネックとなっているようです。FBSのボーナスは基本的にあまり期待できないと考えた方が良いかも知れません。

(5)FBSのレバレッジに関する口コミ・評判

FBSのレバレッジに関する口コミ・評判ついては、条件に言及しているものが多かったです。FBSは3,000倍というハイレバが魅力ですが、前述の通り口座残高によって利用できるレバレッジが変化するので注意しましょう。

まとめ

FBSは、一見ボーナス・レバレッジが魅力的に見える海外FX業者ですが、条件が厳しいです。しかし、セント口座やマイクロ口座の最低入金額の低さを考慮すれば、初心者へのハードルはかなり低いので、ボーナス・レバレッジの内容を把握しておけば、十分におすすめできる海外FXの業者です。

\キャッシュバックが魅力的!/

レバレッジ最大3000倍!

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
海外FX業者おすすめ比較ランキング