FX

海外FX業者おすすめランキング! FX業者を一覧比較!

海外FX業者では、ゼロカットシステムが適用された取引環境でハイレバレッジのFX取引ができます。
さらに、ボーナスが豊富なためお得にFX取引を始めやすいです。
安全かつ有利にFX取引を始めやすいため、海外FX業者での口座開設を検討している方も多いのではないでしょうか。

本記事では海外FXについて、信頼出来る業者を選ぶポイントやおすすめランキングとあわせて解説します。
また、海外FXに関するよくある質問も解説するので、ぜひ参考にしてください。

1.海外FX業者おすすめ比較一覧

海外FX業者名 信頼性 コスト サポート ボーナス 最大レバレッジ ゼロカットシステム
1位 XM Trading 888倍
2位 FXGT 500倍
3位 AXIORY 400倍
4位 GEMFOREX 1,000倍 (5,000倍)
5位 Titan FX 500倍
6位 HotForex 1,000倍
7位 iFOREX 400倍
8位 TRADEVIEW 400倍
9位 FBS 3,000倍
10位 LAND-FX 500倍 要申請
11位 IFC Markets 400倍
12位 FxPro 500倍
13位 IronFX 1000倍

今回紹介するのは以上の海外FX業者です。

以下のポイントを基準に順位付けしています。

 

・信頼性

・コスト

・サポート

・ボーナス

・最大レバレッジ

・ゼロカットシステム

海外FX業者を選ぶときに注目すべきポイントはさまざまです。

次の項目で、各ポイントに関する内容を詳しく解説していきます。

2.信頼出来る海外FX業者を選ぶポイント

海外FX業者は日本のFX業者ではないため、利用に抵抗がある方も多いのではないでしょうか。
しかし、これから解説するポイントに注目してFX業者を選べば、安心安全にFX取引を始めやすいです。

どのようなポイントを押さえて選ぶべきか確認しておきましょう。

(1)金融ライセンスを取得しているか?

まずは、金融ライセンスを取得しているか確認しましょう。

金融ライセンスとは、国の金融監督機関が発行している金融業を始めるための許可証です。
金融ライセンスを取得するには、以下のような審査項目をクリアする必要があります。
審査項目はあくまで一例です。

・運営資金の状況
・万全な取引環境
・サポート体制
・顧客資産の管理体制
・FX取引に関するリスク開示

金融ライセンスを取得している海外FX業者は、以上のような審査項目をクリアして国に認められています。
金融ライセンス未取得のFX業者に比べると、倒産や資産持ち逃げなどのリスクが低いです。
安全にFX取引したい方は、金融ライセンス取得済みの信頼性の高い海外FX業者を利用しましょう。

(2)日本語サポートデスクはあるか?

海外FX業者を利用するときは、日本語サポートデスクのあるFX業者を選びましょう。

FX取引をしていると、入出金や取引時などにトラブルが発生することがあります。
英語がわかる方であれば、問題なくサポートデスクにトラブルを報告できるでしょう。

しかし、英語がわからない方は、英語を調べながら問い合わせなければなりません。
トラブルの解決に時間がかかってしまい、エントリーチャンスを逃しやすいです。

一方日本語サポートデスクがある海外FX業者なら、日本語で簡単に問い合わせられます。
海外FX業者の中には、日本人スタッフを雇っているFX業者もあります。
スタッフと日本語でやり取りできるため、スムーズにトラブルを解決しやすいです。

英語が苦手な方は、日本語サポートデスクがある海外FX業者を利用しましょう。

(3)入金出金の早さは?

入出金方法 入金反映時間目安 出金反映時間目安
銀行送金 (国内/海外) 1営業日/3営業日~ 1営業日/3営業日 ~
クレジットカード 即時 即時 ~ 5営業日
bitwallet (オンラインウォレット) 即時 即時
仮想通貨 数分 ~ 数時間 1営業日 ~ 5営業日

法定通貨や仮想通貨の入出金が反映される時間は、利用する海外FX業者や入出金方法によって異なります。

海外FX業者が採用している主な入出金手段と反映時間の目安は、以上の通りです。

 

入出金申請の混雑具合などで、反映時間が前後することもあります。

クレジットカードやbitwalletを利用すると、入出金が早く反映されやすいです。

 

スムーズにFX取引や資金移動を行たい方は、海外FX業者で採用されている入出金手段に注目してみましょう。

(4)取引コストは?

取引コスト名 取引コスト内容
取引手数料 注文時と決済時に発生する手数料
スプレッド 買値と売値の価格差
スリッページ 注文時の価格と約定時の価格差


取引回数が多い方は、取引コストに注目して利用する海外FX業者を選びましょう。

 

FX取引では以上の表の取引コストが発生します。

海外FX業者では、基本的に取引手数料が無料です。

ただ、取引手数料が発生するケースもあります。

 

取引手数料が発生するのは、スプレッドゼロ口座でFX取引したときです。

海外FX業者では取引する前に口座を開設します。

開設できる主な口座の種類は以下の通りです。

 

・スタンダード口座

・スプレッドゼロ口座

 

スタンダード口座では、スプレッドが発生する代わりに取引手数料は発生しません。

一方スプレッドゼロ口座では、スプレッドがほぼ発生しない代わりに取引手数料が発生します。

海外FX業者を利用するときは、各口座で発生する取引コストを比べて口座開設しましょう。

 

また、海外FX業者によって取引の約定力 (注文の成立しやすさ) が異なります。

約定力が高いFX業者では、スリッページが発生しづらいです。

なるべく取引コストを抑えたい方は、約定力にも注目して利用する海外FX業者を選びましょう。

(5)ボーナスは?

海外FX業者では、ボーナスがもらえるキャンペーンを開催していることがあります。
キャンペーン開催中のFX業者で口座開設や入金を行うと、FX取引で利用できる証拠金をボーナスとして付与されます。
たとえば、世界的に有名な海外FX業者XM Tradingでは、3,000円分のボーナスがもらえる口座開設キャンペーンを開催中です。

また、入金額に応じてボーナスがもらえる、入金ボーナスキャンペーンを開催している海外FX業者もあります。
キャンペーン開催中の海外FX業者を選んで、お得にFX取引を始めてみましょう。

(6)最大レバレッジは?

冒頭の表で解説した通り、最大レバレッジはFX業者によって異なります。
400倍の海外FX業者があれば、3,000倍まで設定できるFX業者もあります。
国内FX業者に比べて、設定できる最大レバレッジが10倍以上大きいです。
ハイレバレッジでFX取引できるのも、海外FX業者の魅力といえます。

ハイレバレッジの取引について、危険というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。
実はハイレバレッジだからといって、危険というわけではありません。
同じ量を取引する場合、ハイレバレッジで取引するときの必要証拠金が、低レバレッジで取引するときに比べて少ないからです。

必要証拠金とは、FX取引するときに最低限必要な証拠金のことを指しています。
ハイレバレッジで取引すれば、少ない資金で大きな資金を動かしたFX取引ができます。
ポジションを保有するときに必要な証拠金が少量で済むため、低レバレッジで取引するときに比べて資金は余裕です。
資金に余裕があるほど強制ロスカット (強制決済) されづらいため、ハイレバレッジのFX取引が危険ということはありません。

ただ、ロスカットされづらい分、ロスカットされたときに失う資産が大きくなります。
ハイレバレッジで取引するときは、あらかじめ損切りラインを決めておきましょう。

(7)ゼロカットシステムは?

ゼロカットシステムとは、マイナスになった口座残高をゼロに戻してくれるシステムです。
FX取引では、急な価格変動により口座残高以上の損失を抱えてしまうときがあります。
たとえば、2015年に発生したスイスフラン・ショックでは、ドルが1ドル約100円から約60円まで急落。
ゼロカットシステムを採用していないFX業者で取引していた多くのトレーダーが、一瞬で大きな借金を背負うことになりました。

FX取引ではいつ大暴落が発生するかわかりません。
ですので、海外FX業者で口座開設しようと考えている方は、ゼロカットシステムを採用しているFX業者を選びましょう。

3.安心信頼出来る海外FX業者をランキング形式で紹介

FX取引初心者でも安全に利用しやすい海外FX業者を、ランキング形式で紹介していきます。
今回紹介する海外FX業者13社は、すべてゼロカットシステムを採用しているFX業者です。
急な価格変動で口座残高以上の損失を抱える心配はありません。

紹介するメリットやデメリットなどを考慮して、自分に合った海外FX業者を見つけましょう。

(1)XM Trading(エックスエムトレーディング)

(画像:kaigaifx_1)

取得済みライセンス
セーシェル金融庁
日本語サポートデスク

入出金
クレジットカード、各種電子決済方法、銀行送金など
取引コスト
やや高め
ボーナス
リアル口座開設ボーナス3,000円、100%+20%入金ボーナス
最大レバレッジ
888倍
ゼロカットシステム

①特徴
口座タイプ
最大レバレッジ
取引手数料
スプレッド
スタンダード
888倍
無料
広い
マイクロ
888倍
無料
広い
ゼロ
500倍
片道5通貨
狭い

海外FX業者といえばXM Tradingが有名です。
セーシェル金融庁のライセンスを取得しており、最大100万ドルの資産保証が設けられています。
さらに、ゼロカットシステム対応で、安心安全にFX取引できるFX業者です。

口座のタイプは全部で3種類あります。
口座によって最大レバレッジ、取引コスト、対象ボーナスなどが異なるため、開設する前に特徴を確認しましょう。

取引できる通貨ペアは約60種類です。
為替、株式指数、ゴールド、原油などが取引できます。

XM Tradingは平均的なスペックが高く、日本語サポートデスクの対応がしっかりしています。
ですので、FX取引初心者の方は、XM TradingでFX取引に慣れるのがおすすめです。

②メリット
・金融ライセンス取得済み
・日本語サポートデスク対応
・サポートが手厚い
・ボーナスが豊富
・最大レバレッジ888倍
・最大100万ドルの資産保証
・約定拒否なし
・注文時と異なるレートの提示なし

③デメリット
・取引コストがやや高め

④口コミ
XM Tradingといえば、やはり最大レバレッジの大きさやゼロカットシステムの採用が有名です。
ハイレバレッジの取引で、借金を背負う心配がありません。
また、サポートデスクでは日本人スタッフによるサポートを受けられます。
安心安全にFX取引できる海外FX業者として有名です。

XM Tradingは、以前まで「サーバーが不安定だ」といわれていました。
しかし取引サーバーのアップグレードにより改善されました。
2020年3月時点では、トレーダーの間で回線に強いFX業者だと好評です。

⑤XM Tradingの強み
XM Tradingの強みは、何といっても日本語サポートデスクの丁寧な対応です。
海外FX業者ではありますが、丁寧にトラブルの対処方法を教えてくれる日本人スタッフが在籍しています。
万が一、入出金や取引時などにトラブルが発生しても、スムーズに解決しやすいです。

これから始めて海外FX業者を利用する方には、安心安全に利用できるXM Tradingをおすすめします。

(2)FXGT(エフエックスジーティー)

(画像:kaigaifx_2)

取得済みライセンス
セーシェル金融庁
日本語サポートデスク

入出金
銀行送金、bitwallet (クレジットカード) 、仮想通貨など
取引コスト
安め
ボーナス
初回100%入金ボーナス、2回目以降20%ボーナス
最大レバレッジ
500倍
ゼロカットシステム

①特徴
FXGTは2019年12月にサービスを開始した海外FX業者です。
XM Tradingと同じく、セーシェル金融庁の金融ライセンスを取得しています。
運営実績は少ないですが、XM TradingやAXIORYの創立メンバーが設立したこともあって大きな注目を集めているFX業者です。

そんなFXGTは為替だけでなく、仮想通貨、個別株、エネルギーなどを取引できます。
さらに、最大レバレッジ500倍でゼロカットシステムを採用しているため、ハイレバレッジでのFX取引を安全に楽しめるFX業者です。

②メリット
・金融ライセンス取得済み
・日本語サポートデスク対応
・スプレッドが狭い
・最大レバレッジ500倍
・5種類の仮想通貨のFX取引対応

③デメリット
・運営実績が少ない
・サーバーがやや不安定

④口コミ
FXGTはMetaTrader5 (MT5) という取引プラットフォームを採用しています。
MT5はスマホアプリがあり、慣れれば使いやすいと好評です。
短時間で決済するスキャルピングという取引に向いていると、トレーダーから評価されています。

FXGTは大きな注目を集めたこともあって、トレーダーが増加しています。
想定よりもトレーダーが多いためか、サーバーはやや不安定です。
一部のトレーダーからは「悪循環かな」といわれています。

とはいえ、FXGTで取引できないわけではありません。
今後サーバーが強化されることを期待しましょう。

⑤FXGTの強み
FXGTの強みは、取り扱っている金融商品が多いことです。
中でも仮想通貨はビットコインだけでなく、4種類のアルトコインも取り扱っています。

最大500倍のレバレッジかつゼロカットシステムを採用している、安心安全にさまざまな金融商品のFX取引が楽しめる海外FX業者です。

FTXの評判
FXGTの評判・口コミを調査|メリット・デメリットも合わせて解説 「FXGTの利用を考えているが、口コミや評判を知ってから口座開設を検討したい」 「初めての海外取引所なので安全なのかどうか知り...

(3)AXIORY(アキシオリー)

(画像:kaigaifx_3)

取得済みライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会
日本語サポートデスク
入出金 銀行送金、クレジットカード、オンラインウォレットなど
取引コスト 安め
ボーナス キャンペーンの開催が不定期
最大レバレッジ 400倍
ゼロカットシステム

 

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
スタンダード 400倍 無料 やや広い
ナノスプレッド 400倍 片道3ドル 狭い

 

AXIORYはベリーズ国際金融サービス委員会の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

日本人トレーダーへのサポートが手厚く、FX取引初心者でも安心して利用しやすくなっています。

そして、最大2万ドルの資産保証制度を設けている、安心安全に利用できるFX業者です。

 

口座タイプは2種類あります。

ナノスプレッド口座で取引手数料が発生しますが、片道3ドルと海外FX業者の中でも割安です。

スタンダード口座は取引手数料が無料な代わりに、スプレッドがやや広くなっています。

スタンダード口座とナノスプレッド口座の取引コストを比較して、開設する口座を選びましょう。

 

ボーナスはありませんが、トラブルが少なくサポートの手厚いハイスペックな海外FX業者です。

 

②メリット

・金融ライセンス取得済み

・日本語サポートデスク対応

・資産保証額が最大2万ドル

・取引コストが安め

・ストップ狩りほぼなし

・約定拒否がほぼなし

 

③デメリット

・最低入金額が2万円

・キャンペーンの開催が不定期

・証拠金残高が多いほど最大レバレッジが小さくなる

 

④口コミ

AXIORYではボーナスがもらえるキャンペーンを不定期で開催しています。

XM TradingやFXGTのように、常時開催していません。

 

しかし、スプレッドが狭く取引プラットフォームが使いやすいと評判です。

さらに、スキャルピングを推奨しているため、トレーダーから高く評価されている傾向があります。

また、AXIORYではMT以外にC-traderという取引プラットフォームを採用しています。
C-traderにはスマホアプリがあり、トレーダーから使いやすいと好評です。

全体的なスペックが高い上に「入出金トラブルなかったし、良い印象がある」とも、トレーダーから高く評価されています。

⑤AXIORYの強み
AXIORYの強みといえば、取引コストの安さとサポートが手厚いことです。
ボーナスがない代わりに全体的にスペックが高く、トレーダーから高く評価されています。

特にナノスプレッド口座の取引手数料が安いです。
取引回数が多いと、どうしても取引手数料はかさばってしまいます。
しかし、AXIORYなら取引手数料が高いため、取引回数が多い方も安心です。

また、日本人トレーダーへのサポートが手厚いので、スムーズにトラブルを解決できます。
海外FX業者を安心安全に利用するならAXIORYがおすすめです。

(4)GEMFOREX(ゲムフォレックス)

(画像:kaigaifx_4)

取得済みライセンス ニュージーランド証券投資委員会
日本語サポートデスク
入出金 クレジットカード、銀行送金、bitwallet、PayPalなど
取引コスト 安め
ボーナス 口座開設ボーナス2万円分
最大レバレッジ 1,000倍 (5,000倍)
ゼロカットシステム

 

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
オールインワン 1,000倍 無料 やや広い
ノースプレッド 1,000倍 無料 狭い
レバレッジ5,000倍 (300口座限定) 5,000倍 無料 広い


GEMFOREXはニュージーランド証券投資委員会の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

日本人が設立していることもあり、ホームページやサポートデスクが日本語に対応しています。

初めて海外FX業者を利用する方でも、安心してFX取引を始めやすいです。

 

そんなGEMFOREXには口座が3種類有ります。

中には最大レバレッジ5,000倍という、世界トップクラスのハイレバレッジ口座もあります。

ただ、300口座限定のため、基本はオールインワン口座やノースプレッド口座が開設可能です。

ノースプレッド口座はスプレッドが狭いにもかかわらず、取引手数料が無料です。

 

GEMFOREXは出金拒否された例がないので、安心して利用しやすいFX業者だといえます。

なお、過度なスキャルピングが禁止で、資産保証制度を設けていません。

FX取引を始めるときは注意しましょう。

 

②メリット

・金融ライセンス取得済み

・日本語サポートデスク対応

・完全日本語対応

・最大レバレッジ1,000倍

・取引コストが安い

・出金拒否された例がない

 

③デメリット

・過度なスキャルピング禁止

・資産保証制度がない

・取引可能な通貨ペアが少ない

・ストップ狩りが発生しやすい

・ノースプレッド口座は自動売買できない

 

④口コミ

GEMFOREXは出金拒否の報告がない海外FX業者です。

93万円が無事着金したという口コミがありました。

大金でもしっかり出金できるFX業者であるとわかります。

ただ、ストップ狩りがよく発生しているようです。
突然大きく値動きすることがあるので、ストップロスを設定してFX取引しましょう。

⑤GEMFOREXの強み
GEMFOREXの強みは、最大レバレッジの大きさと出金拒否の例がないことです。
ゼロカットシステムを採用しているため、借金を背負う心配なくハイレバレッジでFX取引できます。
さらに、出金拒否の例がないため、大きな利益を上げても安心して出金できます。

安心安全により大きなレバレッジでFX取引を楽しみたいなら、完全日本語対応のGEMFOREXがおすすめです。

(5)Titan FX(タイタンエフエックス)

(画像:kaigaifx_5)

取得済みライセンス バヌアツ金融サービス委員会
日本語サポートデスク
入出金 クレジットカード、bitwalletなど
取引コスト 安め
ボーナス なし
最大レバレッジ 500倍
ゼロカットシステム

 

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
スタンダード 500倍 無料 やや広い
ブレード 500倍 片道3.5ドル 狭い

 

TitanFXはバヌアツ金融サービス委員会の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

バヌアツ金融サービス委員会の金融ライセンスは、資産保証制度を設けなくても取得できます。

業者と顧客の資産を分別管理しているFX業者ですが、多額の入金はおすすめできません。

 

信頼面でやや不安はありますが、TitanFXは基本スペックが高いです。

約定力が高く取引コストが安いため、FX取引初心者の方におすすめできます。

さらに、AXIORYと同じく、スプレッドが狭い口座の取引手数料が安いです。

 

取引プラットフォームはMTに加えて、独自の取引プラットフォームであるウェブトレーダーを採用しています。

ウェブトレーダーはブラウザタイプの取引プラットフォームで、109種類のテクニカル、分割チャート、描画ツールなどを搭載しており機能が豊富です。

スマホからはMTのスマホアプリで取引できます。

 

TitanFXは全体的なスペックが高いため、FX取引初心者の方におすすめです。

 

②メリット

・金融ライセンス取得済み

・日本語サポートデスク対応

・約定力が高い

・取引コストが安い

・取引プラットフォームの機能が豊富

 

③デメリット

・ボーナスはない

・資産保証制度がない

 

④口コミ

TitanFXはとにかく「スプレッドが狭い」という口コミが目立つ海外FX業者です。

さらに、スプレッドが狭いブレード口座は、取引手数料が安くなっています。

取引コストが業界トップクラスに安いため、TitanFXは人気があります。

⑤Titan FXの強み
TitanFXの強みは、何といっても取引コストが安いことです。
スプレッドが狭く取引手数料も安くなっています。
頻繁にスキャルピングを行う方には、取引コストの安いTitanFXがおすすめです。

(6)HotForex(ホットフォレックス)

(画像:kaigaifx_6)

取得済みライセンス セントビンセント・グレナディーン金融庁
日本語サポートデスク
入出金 クレジットカード、仮想通貨、bitwalletなど
取引コスト 高め
ボーナス スーパーチャージボーナス (100%入金ボーナス、1Lotトレードで2ドルキャッシュバック) 、100%クレジットボーナス
最大レバレッジ 1,000倍
ゼロカットシステム

 

 

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
マイクロ 1,000倍 無料 やや広い
プレミアム 400倍 無料 やや広い
ZERO 200倍 片道4~6ドル 狭い

 

HotForexはセントビンセント・グレナディーン金融庁の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

最大500万ユーロの資産保証制度を設けています。

2020年3月時点で、1ユーロが約120円です。

つまり、日本円で約6億円の資産が保証されています。

大口投資家でもない限り、安心してFX取引を行えるでしょう。

 

そんなHotForexには口座が3種類あります。

スプレッドは全体的に安めですが、取引手数料が高めです。

また、マイクロ口座なら最大スプレッド1,000倍のFX取引ができます。

HotForexはハイレバレッジでFX取引を行いたい方におすすめです。

 

ホームページの日本語は完全対応ではありません。

しかし、日本語サポートデスクの対応が丁寧なので、安心して利用しやすいです。

 

②メリット

・金融ライセンス取得済み

・日本語サポートデスク対応

・最大500万ユーロの資産保証制度

・最大レバレッジ1,000倍

・約定力が高い

・仮想通貨のFX取引ができる

・日本語サポートデスクの対応が丁寧

 

③デメリット

・取引プラットフォームがMT4のみ

・取引コストが高い

・日本語に対応しきれていない

・基軸通貨に日本円がない

 

④口コミ

HotForexは100%入金ボーナスや安定したスプレッドが好評です。

入金すると100%ボーナスが適用されるため、倍の証拠金でFX取引を開始できます。

そのため、資金効率がいいと評価されています。

また、HotForexのスプレッドを測定したトレーダーからは「スプレッドがほとんど拡大しない」と好評です。

⑤HotForexの強み
HotForexの強みは、最大500万ユーロの資産保証制度とレバレッジが高いことです。
日本円で約6億円の資産保証制度があるため、安心してFX取引を行えます。
そして、レバレッジを1,000倍に設定できるので、効率よく資金を増やしやすいです。

安心安全にハイレバレッジでFX取引したい方には、HotForexをおすすめします。

(7)iFOREX(アイフォレックス)

(画像:kaigaifx_7)

取得済みライセンス 英国領ヴァージン諸島金融サービス委員会
日本語サポートデスク
入出金 銀行送金 (海外のみ) 、クレジットカードなど
取引コスト やや高め
ボーナス 初回100%入金ボーナス、最大100%キャッシュバック
最大レバレッジ 400倍
ゼロカットシステム

①特徴
iFOREXは英国領ヴァージン諸島金融サービス委員会の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。
1966年から営業しているため、営業実績が豊富だといえます。
ただ、資産保証制度を設けていないため、長期トレードには向いていません。

そんなiFOREXは一口座を開設すれば、為替や仮想通貨などといった取扱金融商品すべてを取引できます。
複数の口座を使い分ける必要がないため、FX取引初心者の方でも使いやすいです。

取引コストは、スプレッドがやや広めです。
なお、取引手数料が無料なため、取引コスト自体はそれほど高くありません。

取引プラットフォームはiFOREX独自のFXnetViewのみです。
シンプルなデザインかつ分割チャートや比較チャート機能搭載で使いやすくなっています。

②メリット
・金融ライセンス取得済み
・日本語サポートデスク対応
・取扱通貨ペアが82種類と豊富
・独自の取引プラットフォームが使いやすい
・主要通貨ペアのスプレッド原則固定
・8種類の仮想通貨のFX取引ができる

③デメリット
・スキャルピングや自動売買が禁止
・資産保証制度がない
・MTに対応していない

④口コミ
iFOREXはとにかく使いやすいと好評な海外FX業者です。
MTには対応していませんが、FXnetViewが使いやすくなっています。
シンプルなデザインで機能性も高いため、FX取引初心者でも簡単にFX取引しやすいです。

さらに、iFOREXでは100%入金ボーナスが用意されています。
ハイレバレッジに加えてボーナスがあるため、効率良く資金を増やしやすいFX業者です。

⑤iFOREXの強み

iFOREXの強みは使いやすい取引プラットフォームがあることです。

MTに対応していないため、利用を敬遠する方もいるでしょう。

しかし、独自の取引プラットフォームFXnetViewはシンプルで使いやすいです。

 

資産保証制度がないので長期トレードに向いていませんが、取引環境は整っています。

ハイレバレッジで効率良く資金を増やしたい方には、独自の取引プラットフォームを採用しているiFOREXがおすすめです。

(8)TRADEVIEW(トレードビュー)

(画像:kaigaifx_8)

取得済みライセンス ケイマン諸島金融庁
日本語サポートデスク
入出金 クレジットカード、銀行送金 (海外のみ) 、bitwallet、仮想通貨など
取引コスト 安め
ボーナス なし
最大レバレッジ 最大400倍
ゼロカットシステム

 

①特徴

口座タイプ プラットフォーム 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
X Leverage MT4 400倍 無料 変動
ILC口座 MT4、MT5 100倍 片道2.5ドル 狭い (変動)
ILC口座 cTrader 400倍 片道2.5ドル 狭い (変動)
ILC口座 Viking 400倍 片道2.5ドル 狭い (変動)

TRADEVIEWはケイマン諸島金融庁の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。
厳しい外部監査が入っているので、資金を持ち逃げされるようなリスクはほぼありません。
さらに、最大3万5,000ドルの資産保証制度を設けているため、安心安全に取引しやすいFX業者だといえます。

TRADEVIEWには口座が4種類あります。
中でもILC口座は、約定力が高く取引コストは安いです。
ILCはInnovative Liquidity Connectorの略称で、TRADEVIEW独自の技術となっています。
高い約定力と狭いスプレッドを実現している技術です。
最低入金額が10万円以上必要なため、まとまった資金があるトレーダーにおすすめします。

②メリット
・金融ライセンス取得済み
・日本語サポートデスク対応
・最大3万5,000ドルの資産保証制度
・取引コストが安い
・約定力が高い
・取扱通貨ペアが豊富
・取引プラットフォームが豊富
・4種類の仮想通貨のFX取引ができる

③デメリット
・ILC口座の最低入金額が高い
・ロスカット率が100%と高め
・ボーナスがない

④口コミ
TRADEVIEWの評判はピンキリです。
信頼性が高いと感じている方がいれば、低いと感じている方もいます。
口座残高の表示が消えたり、入金できなかったりする不具合が発生しているようです。

ただ、TRADEVIEWには日本語サポートデスクがあるので、トラブル発生時に問い合わせしやすくなっています。
トラブル発生時はすぐに問い合わせましょう。

⑤TRADEVIEWの強み
TRADEVIEWの強みは、ILC口座でFX取引できることです。
最低入金額が高いですが、高い約定力や狭いスプレッドのもとFX取引できます。

また、最大3万5,000ドルの資産保証制度を設けているため、安心して資金を入金しやすいです。
自分に合った取引プラットフォームを選んで、快適な取引環境でFX取引を行いましょう。

(9)FBS(エフビーエス)

(画像:kaigaifx_9)

取得済みライセンス なし
日本語サポートデスク
入出金 クレジットカード、銀行送金 (海外のみ) 、bitwalletなど
取引コスト 高め
ボーナス ボーナス専用口座 (50ドル、123ドル) 、100%入金ボーナス、キャッシュバック (1Lot最大15ドル) など
最大レバレッジ 3,000倍
ゼロカットシステム

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
スタンダード 3,000倍 無料 変動
セント 1,000倍 無料 変動
ゼロスプレッド 3,000倍 片道10ドル ~ 0で固定
ECN 500倍 片道3ドル 狭い (変動)

 

FBSは日本人向けの金融ライセンスを取得していません。

ただ、運営元はベリーズ国際金融サービス委員会とキプロス証券取引委員会の金融ライセンスを取得しています。

日本人向けの金融ライセンスを取得していないだけなので、全く信頼性がないわけではありません。

また、資産保証額に上限がないため安心して取引しやすいです。

 

そんなFBSでは、最大レバレッジを世界トップクラスの3,000倍に設定してFX取引できます。

スタンダードとゼロスプレッド口座が対象です。

口座開設するときは、口座タイプに注意しましょう。

 

②メリット

・日本語サポートデスク対応

・最大レバレッジが3,000倍

・資産保証額に上限なし

・ボーナスが豊富

・サポートデスクの対応が丁寧

 

③デメリット

・日本人向けの金融ライセンスなし

・サポートデスクの日本語が不安定

・取扱通貨ペアが少ない

・基軸通貨に日本円がない

・サーバーが不安定

 

④口コミ

FBSの口コミは、サーバーが不安定だとわかるものが多いです。

また、約定力が低いという口コミもあります。

取引環境に関する評価が全体的に低いです。

⑤FBSの強み
FBSの強みは、上限なしの資産保証額と最大レバレッジ3,000倍で取引できることです。
日本人向けの金融ライセンスを取得していませんが、上限なしの資産保証制度を設けています。
また、最大レバレッジが世界トップクラスなので、ハイレバレッジを経験したい方におすすめです。

(10)LAND-FX(ランドエフエックス)

(画像:kaigaifx_10)

取得済みライセンス なし
日本語サポートデスク
入出金 クレジットカード、銀行送金、オンラインウォレットなど
取引コスト 安め
ボーナス 初回10%入金ボーナス、リカバリーボーナス、ボーナス口座
最大レバレッジ 500倍
ゼロカットシステム 有 (要申請)

 

 

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
Live 500倍 無料 変動
LPボーナス 500倍 無料 変動
ECN 200倍 片道3.5ドル 狭い (変動)

 

LAND-FXは日本人向けの金融ライセンスを取得していない海外FX業者です。

さらに、日本人向けの資産保証制度もありません。

ただ、運営元が取得基準が高い英国金融行動監視機構の金融ライセンスを取得しているため、全体的な信頼性は高いです。

 

そんなLAND-FXには3種類の口座があります。

LiveとLPボーナス口座の違いは、ボーナスの有無だけです。

ECN口座は最大レバレッジが一番低い代わりに、取引コストが安くなっています。

 

500倍のレバレッジにこだわりがなければ、ECN口座の開設がおすすめです。

取引コストが安いので、スキャルピングをしたい方におすすめします。

ただ、過度なスキャルピングはペナルティ対象なので注意しましょう。

 

②メリット

・日本語サポートデスク対応

・ECN口座の取引コストが安い

・最大レバレッジ500倍

・ボーナスが豊富

 

③デメリット

・日本人向けの金融ライセンス未取得

・日本人向けの資産保証制度なし

・サーバーが不安定

・スリッページが多い

・過度なスキャルピングはペナルティ対象

・口座残高とポジションの多さで最大レバレッジが下がる

 

④口コミ

LAND-FXの口コミは、サーバーの不安定さやスプレッドの広さがわかるものが多いです。

取引環境に関する評価が全体的に低くなっています。

⑤LAND-FXの強み
LAND-FXの強みは、ECN口座の取引コストが安いことです。
スキャルピングを頻繁に行う方向けのFX業者だといえます。
頻度に注意してスキャルピングを行いましょう。

(11)IFC Markets(アイエフシーマーケット)

 

(画像:kaigaifx_11)

取得済みライセンス 英国領ヴァージン諸島金融サービス委員会
日本語サポートデスク
入出金 銀行送金、クレジットカード、仮想通貨、bitwalletなど
取引コスト やや安め
ボーナス 余剰資金に最大7%の利息
最大レバレッジ 400倍
ゼロカットシステム

 

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
NetTradeX Standard 200倍 無料 変動
NetTradeX Beginner 400倍 無料 固定
MT4 Standard 200倍 無料 固定
MT4 Micro 400倍 無料 固定
MT5 Standard 200倍 無料 変動
MT5 Micro 400倍 無料 変動

 

IFC Marketsは英国領ヴァージン諸島金融サービス委員会の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

資産保証額に上限がないため、安心して取引しやすくなっています。

 

IFC Marketsで開設できる口座は6種類です。

利用する取引プラットフォームによって、開設できる口座タイプが異なります。

最大レバレッジ400倍の口座は、入金額が50万円を越えるとStandardタイプに切り替わります。

口座を開設するときは、入金額に注意しましょう。

 

IFC Marketsは最大7%の利息がつくボーナスを用意しています。

条件は以下の通りです。

取引Lot数 利息率 (年利)
10Lot以下 0%
11~30Lot 1%
30~50Lot 2%
50~70Lot 4%
71Lot以上 7%

 

 

②メリット

・金融ライセンス取得済み

・日本語サポートデスク対応

・資産保証額に上限なし

・全口座の取引手数料が無料

・取引通貨ペアを自分で作れる

・余剰資金に最大7%の利息がつく

・ビットコインの先物取引ができる

 

③デメリット

・サポートデスクの日本語が不安定

・少額取引は相対取引扱いになる

・少額取引はレバレッジと入金額に規制がかかる

 

④口コミ

IFC Marketsはサーバーに関する口コミが目立ちます。

サーバーが弱点という口コミがある一方で、サーバーが結構いいという口コミもあります。

 

特に悪い評判はありません。

⑤IFC Marketsの強み
IFC Marketsの強みは、取引通貨ペアを自分で作れることです。
独自の取引プラットフォームNetTradeXでは、さまざまな金融商品を組み合わせて取引できます。
公式サイトで通貨ペア作成のテンプレートをダウンロードして、取引したい通貨ペアを作成しましょう。

(12)FxPro(エフエックスプロ)

(画像:kaigaifx_12)

取得済みライセンス バハマ証券委員会
日本語サポートデスク なし
入出金 クレジットカード、銀行送金、オンラインウォレットなど
取引コスト 高め
ボーナス なし
最大レバレッジ 500倍
ゼロカットシステム

 

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
MT4 market 500倍 無料 普通
MT4 instant 500倍 無料 広め
MT4 Fixed Spreads 500倍 無料 広め
MT5 500倍 無料 普通
cTrader 500倍 片道4.5ドル 狭い

 

FxProはバハマ証券委員会の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

最大2万ユーロの資産保証制度を設けています。

さらに、CEOや最高執行責任者といったスタッフの顔と名前を掲載している、海外では珍しいFX業者です。

過去に大きな問題も発生していないため、信頼性の高いFX業者だといえます。

 

ただ、日本語のサポートが終了しているので、英語が苦手な方にとっては利用しづらいです。

ホームページに掲載されているマニュアルや動画などがすべて英語のため、英語を読める方におすすめします。

 

FxProで開設できる口座の種類は5種類です。

取引プラットフォームによって口座タイプが異なります。

どの口座も約定力が一般的で、取引コストが高い傾向にあります。

 

利用できる取引プラットフォームはMT4、MT5、cTraderと、種類が豊富です。

 

②メリット

・金融ライセンス取得済み

・大きなトラブルの発生なし

・最大2万ユーロの資産保証制度

・取引プラットフォームの種類が豊富

・スタッフの顔と名前が掲載されていて信頼性が高い

 

③デメリット

・日本語サポート終了

・ボーナスなし

・取引コストが全体的に高い

・Lot数で最大レバレッジが小さくなる

 

④口コミ

FxProは「手数料が高い」「日本語サポートがほしい」という口コミが目立ちます。

出金拒否などの悪い評判はありませんが、やや利用しづらいと感じているトレーダーが多いようです。

⑤FxProの強み
FxProの強みは、信頼性が高いことです。
日本の金融庁から警告を受けていますが、海外FX業者では珍しくありません。
金融ライセンスを取得していますし、最大2万ユーロの資産保証制度を設けています。
また、CEOや最高執行責任者といったスタッフの顔と名前を掲載しています。

以上のように、FxProは信頼性が高い海外FX業者です。

(13)IronFX(アイアンエフエックス)

(画像:kaigaifx_13)

取得済みライセンス バミューダ金融庁
日本語サポートデスク
入出金 クレジットカード、銀行送金、bitwalletなど
取引コスト 安め
ボーナス 100%入金ボーナス、40%入金ボーナス、20%入金ボーナス
最大レバレッジ 1,000倍
ゼロカットシステム

 

①特徴

口座タイプ 最大レバレッジ 取引手数料 スプレッド
ライブ 変動 1,000倍 無料 変動
ライブ 固定 1,000倍 無料 固定
ライブ ゼロスプレッド 500倍 片道9ドル ~ 変動
STP/ECN 手数料なし 200倍 無料 変動
STP/ECN ゼロスプレッド 200倍 片道6.75ドル 変動
STP/ECN AbsoluteZero 200倍 無料 狭い

 

IronFXはバミューダ金融庁の金融ライセンスを取得している海外FX業者です。

資産保証制度は設けていません。

さらに、2014年1月に日本を撤退したとき、新規口座の受付停止やポジション強制決済といった対応を取ったことで、一度トレーダーの信用を失っています。

そのため、信頼性があまり高くありません。

 

IronFXには口座が6種類あります。

口座によって最大レバレッジ、取引手数料、スプレッドが異なります。

 

中でもAbsoluteZero口座は、最大レバレッジが低い代わりに取引コストが安いです。

ただ、初回入金額が最低3,000ドルのため、利用するハードルが高くなっています。

 

他の口座は取引コストが高いです。

取引回数が多い、AbsoluteZero口座を利用できない方には、他のFX業者をおすすめします。

 

②メリット

・金融ライセンス取得済み

・日本語サポートデスク対応

・ボーナスが豊富

・最大レバレッジ1,000倍

・取扱通貨ペアが約80種類と豊富

・AbsoluteZero口座の取引コストが安い

 

③デメリット

・信頼性が低い

・資産保証制度がない

・取引プラットフォームがMT4のみ

・AbsoluteZero口座の最低入金額が高い

 

④口コミ

IronFXは評判が良くありません。

スプレッドの広さや出金拒否に関する口コミがありました。

口コミの通り、全体的な評判が低いFX業者です。

⑤IronFXの強み
IronFXの強みは、AbsoluteZero口座の取引コストが安いことです。
取引手数料が無料な上にスプレッドが狭いため、取引回数が多い方におすすめします。

ただ、初回入金額が最低3,000ドルなので注意しましょう。

4.海外FXに関するよくある質問

海外FX業者を利用する上で、よくある質問を解説していきます。
FX取引を始める前に、ぜひ一度目を通しておいてください。

(1)海外FXの始め方を教えてください

海外FXの始め方を簡単に解説します。
細かい手順はFX業者によって異なるため、あくまで参考程度にご覧ください。

①海外FX業者を選んで口座開設する
利用する海外FX業者を選んだら、口座を開設しましょう。
海外FX業者で口座開設にかかる時間は約3分です。
国内FX業者とは異なり、簡易書留書類の受け取りがありません。
簡易書留書類の到着を待たなくていいため、スムーズにFX取引を開始できます。

口座開設時には、主に以下の内容を入力します。

・氏名
・住所
・メールアドレス
・ログインパスワード
・投資経験
・保有資産状況
・出金時に利用する銀行口座の情報

必要事項を入力すると、入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。
届いたメールのURLをクリックすれば、口座開設が完了です。

確認メールを受け取れないと、口座開設が完了しません。
メールアドレスの入力ミスがないように注意しましょう。

②本人確認書類と住所確認書類を提出する
口座開設が完了したら、次は本人確認書類と住所確認書類を提出します。
ほとんどのFX業者では、本人確認書類と住所確認書類の審査が完了すると資金を入出金できるようになります。
本人確認書類と住所確認書類の審査には1週間以上かかることもあるので、早めに済ませておきましょう。

提出できる主な本人確認書類は以下の通りです。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・マイナンバーカード

住所確認書類も提出します。
氏名と住所の記載があり、発行から3~6ヶ月以内の書類が提出可能です。

・住民票
・銀行の明細
・携帯電話の領収書
・公共料金の領収書
・クレジットカード明細書

③取引プラットフォームをインストールする
海外FX業者でFX取引を始めるために、MT4、MT5、独自の取引プラットフォームなどをインストールしましょう。
WEB版やスマホアプリがあるので、取引する端末にインストールしてください。

取引プラットフォームのインストールが完了したら、開設した口座にログインしましょう。

(2)海外FXで発生する税金はどうなっていますか

年間収支 税率 控除額
20万円以上 ~ 195万円以下 15% (所得税5%+住民税10%) 0円
195万円超 ~ 330万円以下 20% (所得税10%+住民税10%) 97,500円
330万円超 ~ 695万円以下 30% (所得税20%+住民税10%) 427,500円
695万円超 ~ 900万円以下 33% (所得税23%+住民税10%) 636,000円
900万円超 ~ 1,800万円以下 43% (所得税33%+住民税10%) 1,536,000円
1,800万円超 ~ 50% (所得税40%+住民税10%) 4,796,000円

 

海外FX業者でFX取引を行い利益を上げると税金が発生します。

海外FX業者で上げた利益は、総合課税の雑所得に分類されます。

納める税金の税率や控除額は、年間の収支により変動する仕組みです。

 

海外FX業者でFX取引を始める前に確認しておきましょう。

税金に関する情報は、国税庁のサイトで詳しく確認できます。

(3)海外FX業者を利用する上で確定申告は必要ですか?

FX取引で利益を上げれば、国内や海外に関係なく確定申告する必要があります。
確定申告が必要なケースは以下の通りです。

・学生や無職などで年間38万円以上の利益を上げた
・給与所得者で年間20万円以上の利益を上げた

ポジションを決済した時点で損益が発生します。
年間収支が上記の基準を満たしている場合は、確定申告を行いましょう。

「確定申告の手順がわからない」「うまく計算できない」という方には、freeeもしくはやよいの青色申告オンラインなどといったクラウド会計ソフトをおすすめします。
スマホやパソコンで、簡単に確定申告書類を作成・提出ができます。

確定申告を確実かつ簡単に済ませたい方は、クラウド会計ソフトを利用してみましょう。

(4)海外FXでスキャルピングはできますか?

海外FXでのスキャルピングは、FX業者によってペナルティの対象となることがあります。
スキャルピングを行いたい方は、FX業者で口座開設する前にスキャルピングができるかホームページで確認しましょう。

また、スキャルピングが可能なFX業者でも、頻度によりペナルティ対象となることもあります。
ペナルティ対象となる具体的な基準は、FX業者によって異なります。
FX取引を始める前に、サポートデスクに問い合わせてみましょう。

まとめ
海外FX業者では、ゼロカットシステムが適用された環境でハイレバレッジのFX取引ができます。
さらに、ボーナスが豊富なためお得にFX取引を始めやすいです。

より安全にFX取引したい方は、金融ライセンス、資産保証制度、日本語サポートデスクの有無に注目して利用するFX業者を選びましょう。

基本的にどの海外FX業者も、口座開設費と維持費が無料です。
そして、ボーナスを受け取れるキャンペーンには、開催期間を設けていることがあります。
気になるFX業者を見つけた方は、いつでもFX取引を開始できるように口座開設と本人確認手続きを済ませておくのがおすすめです。

より安全な取引環境が整っているFX業者でハイレバレッジ取引を行い、効率良く資産を増やしてみましょう。

\ハイレバで今すぐ取引したい方はコチラ/
Ranking1